大榎GM「目標はトップ5」 新戦力4人も決意 清水エスパルス入団会見

テレビ静岡 カテゴリ:話題

J1清水エスパルスが11日、新体制の発表会見を行い、新戦力が決意を語りました。

大榎克己GM

「今年はトップ5、当然ACL、優勝を頭に置きながら戦いたい」

2018シーズンはリーグ2位の得点力を誇り、5年ぶりの一桁順位で終えた清水エスパルス。

2019シーズンはトップ5を目標に掲げ、4人の新戦力が決意を語りました。

注目は、リーグを連覇した王者・川崎フロンターレから移籍のブラジル人DF・エウシーニョ。

右サイドバックで、積極的な攻撃参加を武器に、2年連続Jリーグのベストイレブンも受賞。

サイドを何度も駆け上がる豊富な運動量に注目です。

エウシーニョ選手

「持ち味は攻撃参加です。背後への動きや得点力もアピールしたい。」

さらにエスパルスユース出身、筑波大学の西澤健太。

日本代表・北川航也と同期でもある22歳は、磨いてきた正確なキック力を武器に、開幕スタメンを狙います。

西澤健太選手

「大学4年間を経て、このクラブに戻ってこれたことを嬉しく思います。まずは開幕スタメン目指して日頃からアピールしたい」

チームは15日から始動、31日から鹿児島でキャンプを行う予定です。

また注目されていたエースナンバー10番ですが、現時点では後任がいないということになりました。

また、エスパルスは開幕戦はアウェーでサンフレッチェ広島と対戦することが発表されています。