災害時インフラ最新情報

合流後の党名「立憲民主党」 枝野氏 合流協議で提案

カテゴリ:国内

立憲民主党と国民民主党の合流協議で、立憲民主党の枝野代表が、合流後の政党名を「立憲民主党」などとする10項目の提案を、国民民主党側にしていたことがわかった。

立憲の枝野代表は、14日午後の常任幹事会で、国民側に提案した10項目の確認事項を幹部らに示した。

この中で、立憲側は、「自民党政権に代わる強力な体制を築くことを目指し、1つの政党になる」と明記する一方、合流した場合の党名は、「立憲民主党とする」と提案していたことがわかった。

国民側には、立憲側に吸収されることへの根強い反発があり、党名の問題が双方の合意に向けた、大きな課題の1つになっている。

立憲・福山幹事長は、「まだ残念ながら、党首の間での大きな政治判断について、確認がぎりぎりのところで取れていない」と述べた。

国民側は15日、党所属議員を集めた両院懇談会を開き、意見集約を目指すが、議論は紛糾しそうで、通常国会前に両党が合流できるかは不透明な情勢。