災害時インフラ最新情報

小5 同級生に10万円以上 いじめ「重大事態」認定

カテゴリ:国内

愛知・名古屋市の小学5年の男子児童が、同級生らに求められ、自宅から現金を10万円以上持ち出していた問題で市の教育委員会は、いじめ「重大事態」と認定した。

名古屋市立の小学校に通う5年生の男子児童は、2019年8月から10月にかけて十数回にわたり、母親の貯金箱から現金を持ち出し、同級生6人と商業施設でゲームなどに使った。

持ち出した金額は10万円から20万円にのぼるとみられていて、同級生らから「お金を持って来ないと遊ばない」などと言われていたことから、市の教育委員会は2日、いじめ防止対策推進法で定める「重大事態」に認定した。

今後、第3者でつくる「いじめ対策検討会議」に報告する。

FNNの取材に対し、被害児童の父親は「腹立たしいし、悪質。本当に反省していただきたい」と話している。

(東海テレビ)