災害時インフラ最新情報

会社員殺害 内縁妻の息子逮捕 発覚時110番通報

カテゴリ:国内

東京・東久留米市で70カ所近く刺されるなどして男性が殺害された事件で、28歳の男を逮捕。

2日、強盗殺人の疑いで警視庁に逮捕された、無職の三ツ本寛己容疑者(28)。

事件が起きたのは11月8日。

東京・東久留米市の住宅で、55歳の会社員・二岡一浩さんが刃物で胸や首など70カ所近くを刺されるなどして殺害された。

二岡さんを殺害した疑いなどで逮捕された三ツ本容疑者は、二岡さんと同居していた内縁の妻の次男。

事件当時、内縁の妻と長女はイタリア旅行中で、近くに住む三ツ本容疑者が事件の第1発見者として110番通報していた。

しかし、その後の防犯カメラの捜査から、三ツ本容疑者の関与が浮上し、2日午後6時半ごろ逮捕され、自宅から連行された。

近所の住民は、「『(三ツ本容疑者が)今、家の目の前にいる。でもガラスが割れているので中に入っていない』、警察への通報の電話が、家が隣なのでずっと聞こえていて、人が死んでいてはっきりしゃべれるのかなと思うくらいしっかり受け答えしている感じ」、「(勤務態度は)まじめだったと思う。お母さんと妹さんの話はよくしてた。お父さんの話は出たことない」などと話した。

この事件では、室内に物色された形跡があったものの、財布などは手付かずの状態だった。

また、犯人が侵入したとみられる現場1階のリビングの窓は、ガラスを焼いたうえでたたき割る「焼き破り」で壊されていた。

しかし、三ツ本容疑者は合鍵を所持していることから、警視庁は物取りによる犯行を装った疑いもあるとみている。

調べに対し、「やっていません」と容疑を否認しているという三ツ本容疑者。

警視庁は、殺害に至った経緯をくわしく調べる方針。