災害時インフラ最新情報

「ヒトの世話になりたくない」と免許返納せず 80歳男性が関越道逆走して死傷事故

カテゴリ:国内

群馬県の関越自動車道で車が逆走し、運転していた80歳の男性が死亡、2人が重軽傷を負った事故。

映像は、事故直前に撮影されたもの。

死亡した男性の妹が、事故前の兄の様子を語った。

1日、渋川市の関越道で、津久井豊さん(80)が運転する軽自動車が逆走して、前から来た対向車と正面衝突し、津久井さんが死亡、対向車の男女が重軽傷を負った。

津久井さんの妹が、FNNの取材に対し、兄について、「兄はしっかりしていた」と語った。

津久井さんの妹「朝、『灯油を買いに行く』って言うから。逆走したというから、考えられない。でも、頭の方はしっかりしていましたよ」

また津久井さんは、免許の返納を勧められていたが、断っていたという。

地元の自治会長「(春に)免許返納したらどうかと言ったが、“人の世話になりたくない”という人だったから」

目撃者の話などから、津久井さんは、少なくとも3km以上逆走していたとみられ、ハンドルにしがみつくような感じだったということで、警察は、逆走した状況をくわしく調べている。