災害時インフラ最新情報

日韓WTO再協議物別れ 輸出管理の優遇措置撤廃めぐり

カテゴリ:ワールド

輸出管理の優遇措置撤廃をめぐり、韓国がWTO(世界貿易機関)に日本を提訴したことを受け、日韓が2回目の協議を行ったが、協議は、再び物別れに終わった。

協議は19日、スイスのジュネーブにあるWTO本部で行われ、日本側は、「措置撤廃は、安全保障上の措置で、WTOの規則に違反しない」とあらためて主張した。

一方の韓国側も、「政治的な動機による措置だ」として、従来の立場を繰り返した。

経産省・黒田淳一郎通商機構部長は、「第3ラウンドの申し出があれば、それを踏まえて検討することになるし、パネル(第1審)に進みたいということであれば、われわれはそれに対応する」と述べた。

今後は、韓国が1審に相当するパネル(紛争処理小委員会)の設置を求めるかが焦点となる。