トランプ大統領を「ノーベル平和賞」に推薦!? “おきて破りの暴露”に安倍首相は何を語った?

  • トランプ大統領の異例の暴露をした“安倍首相のノーベル賞推薦状”
  • 安倍首相は、なぜトランプ大統領のノーベル平和賞の推薦状を書いたのか?
  • 日本政府関係者は「米朝会談で非核化が実現できればすごいこと。今の状態だと絶対もらえないでしょうけど…」

トランプ大統領の“異例”の暴露

安倍首相は本当にトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦したのだろうか?
波紋が広がるトランプ氏の発言について、安倍首相自身が2月18日の衆院予算委員会で答弁した。

立憲民主党 長妻代表代行:
総理 どうなんですか?推薦はされたんですか?されていないんですか?

安倍首相:
ここでそういうことは申し上げない…

18日の国会で安倍首相がたびたび問いただされた問題。それは15日のトランプ大統領のこの発言だ。

トランプ大統領:
安倍首相は私に、ノーベル賞の選考委員会に送ったという“美しい手紙のコピー”をくれた。『日本を代表して敬意を表し、あなた(トランプ大統領)にノーベル平和賞を送るよう求めた。』と、彼は言っていた…

トランプ大統領は15日の記者会見で、安倍首相がノーベル委員会に自らを平和賞に推す推薦状を送ったと語ったのだ。
国会で事実関係を問われた安倍首相はこう述べた。

安倍首相:
トランプ大統領は、北朝鮮の核ミサイル問題の解決に向けて、果断に対応されておられます。昨年、歴史的な米朝首脳会談を行いました。また、その際には、拉致問題について私の考え方を直接、金正恩委員長に伝えていただいたわけでございます。ホワイトハウスをあげて積極的に協力をしていただいているのは事実であります…

トランプ大統領の異例の暴露に対し安倍総理は推薦者と被推薦者は50年間明らかにしないというノーベル委員会のルールを踏まえるとして推薦状を出したことを否定も肯定もしなかった。

国民民主党 玉木代表:
拉致も核もなんら解決していません。総理の北朝鮮に対する認識があまいと言わざるをえない…

アメリカ側からの要請?

日本政府関係者はトランプ大統領の受賞はあり得ないとみている。

日本政府関係者:
もし、米朝会談を通じて非核化が実現できればすごいことですよ。まぁ、今の状態だと絶対もらえないでしょうけど…(笑)

トランプ大統領自身はこれまで何度も平和賞受賞者たちの功績を否定する決定を下してきた。
INF・中距離核戦力の全廃条約を締結し米ソの冷戦を終結に導いたゴルバチョフ元大統領は1900年平和賞を受賞したが、トランプ大統領は2月1日この条約から離脱を表明した。
また、1994年に平和賞の対象となった中東和平にも逆行する形で、アメリカ大使館をエルサレムに移転させる決断を下した。
平和賞を受賞したオバマ前大統領の核政策もトランプ大統領は就任以来否定している。
さらに度重なる差別的発言や国境の壁建設など、世界から厳しい目が注がれている中、なぜトランプ大統領を「ノーベル平和賞」に推薦したのだろうか?

背景にはアメリカ側からの推薦要請があったとみられる。
毎年、平和賞候補者の推薦を依頼されているという国際政治経済学者の浜田和幸氏はこう指摘する。

国際政治経済学者 浜田和幸氏:
安倍首相からすると、懸案の拉致問題にもいい結果が生まれるように、そういうことも織り込んだ上での推薦だったと思う。トランプ大統領が推薦されたことを公にしたのはは過去に前例がないこと。トランプ大統領の受賞に影響があるかというと、それは考えられない。

(「プライムニュース イブニング」2月18日放送分より)