災害時インフラ最新情報

最強台風19号に進む備え ブルーシート求める列も

カテゴリ:国内

週末に列島直撃のおそれがある台風19号。

今も傷癒えぬ千葉では、再び警戒を強めている。

週末からの3連休に関東に上陸するおそれがある、2019年最強クラスの台風19号。

気象庁・黒良龍太主任予報官は、「台風は大型のため、広い範囲で大きな影響を受けるおそれがあります。早めの対策をお願いいたします」と語り、早めの備えを呼びかけた気象庁。

台風接近の3日前にこうした会見を行うのは、異例のこと。

再び迫る台風に、1カ月前の台風15号による爪痕が残る千葉の被災地では9日も...。

ボランティアが3人がかりで、ブルーシートのかぶった家に土のうを乗せて、補強を行っていた。

ボランティアによって、急ピッチで進む屋根の補修。

台風19号の接近を前に、作業を2時間ほど延長して対応にあたっていた。

ボランティア・本谷忠さんは、「一応2軒の予定だったが、『うちもうちも』と、だいたい6軒。できるだけ安心感を与えたいと思って」と話した。

屋根を補修してもらった男性は、「ありがたいですよ、助かります。(台風が)それてくれればいいですけどね。大風、大雨で打たれたら、最悪な状態になるんじゃないかっていう、不安ですね」と話した。

そして千葉県内のホームセンターでは、ブルーシートを買い求める人の列が。

千葉・茂原市の「DCMホーマック茂原店」では、ブルーシートが通常の5~6倍売れているそうで、9日は、ほかの店舗からブルーシートを補充して対応しているという。

ブルーシートを買いに来た人は、「台風が来るっていうから、用意しておこうかなって。(今すでに家の屋根は、ブルーシートかぶってる?)かぶってないです。でも今度の台風は、大きいって聞いたから」と話した。

大型で猛烈な台風19号は、今後も北上を続け、12日の夜には非常に強い勢力で、関東から東海にかなり接近、または上陸するおそれがある。

また、東北から近畿の太平洋側では、台風接近前の11日ごろから大気の状態が非常に不安定になり、激しい雷雨や竜巻などの突風にも十分な注意が必要。