出版不況の救世主!SNS漫画「俺、つしま」大ヒット

  • ツイッターで配信された漫画 「俺、つしま」が15万部を売り上げるヒット作に
  • 一駅移動する間に読める1話が1コマ~数コマの長さ
  • 7万人のフォロワーが書籍になったときSNSで拡散

SNS発漫画「俺、つしま」

SNS発大ヒット動物まんが「俺、つしま」

5月の出版に向け、準備が進められている「俺、つしま」という漫画の新作。
猫の描写がリアルと話題を集めているが、ヒットの理由はこれだけではない。

実はこの漫画、もともとはツイッターで配信されたSNS発の漫画なのだ。

小学館「俺、つしま」

『家出…というわけで 俺は家出した。もとの一匹狼に戻ったのさ もうあの家に帰るつもりはない 俺をびょういんなんてところに入れやがって 絶対に許さない くそじじい…なんだあんなやつ…あんな…やっぱ帰ることにしたわ。』
『おかえりツーさん おかえり ホントにもうどこ行ってたの 心配したよ~』 
『おかわり』
『え…まだ食べんの 汗』
『はやく』

1話が1コマ~数コマの長さ

SNS発のため、作りも変わっている。
1話が1コマから数コマという長さで、秒単位で読めてしまうことが大きな特徴となっている。

小学館 サライ編集部・今井康裕副編集長
「『俺、つしま』もそうですが、一駅移動する間にあっという間に読めちゃうからこそ、ずしりと響くコマがあったり、フレーズがあったり、そういうのが時折、ずしりと来るシーンっていうのがあると思うんです」

ツイッターで配信

通勤中など、ちょっとした電車移動の時間に読み切れると人気を博し、配信1年余りで、フォロワー数は7万人を超えた。

そんなSNS発漫画の瞬発力に、熱い視線を送ったのが出版社だった。
漫画の国内発行部数は、1995年に年間18億部を超えたが、その後は右肩下がり。
近年は、ピークの半分以下まで減少している。

7万人のフォロワーが書籍になったときツイッターで拡散

そんな中、2018年、「俺、つしま」が小学館から書籍化されると、15万部を売り上げるヒット作に。

今井副編集長
「1回ツイッターで新作を発表すると、たくさんのフォロワーからリプライがつく。『俺、つしま』でいうと7万人のフォロワー。みんな仲間意識・身内意識。極端にいうと“家族”。それが例えば書籍になったときに、皆さんがツイッターで拡散してくださる。それが基礎票になる部分もある」

SNSからの書籍化は、出版社の生き残りにとって、なくてはならないプラットホームになってきているようだった。

(「プライムニュース α」2月11日放送分)