災害時インフラ最新情報はこちら

「大型」台風10号 15日上陸へ 総雨量1000mm超のおそれ

カテゴリ:国内

大型の台風10号は、15日午前にも西日本に上陸する可能性が高まっている。

総雨量が多いところで1,000mmを超えるおそれがあり、気象庁は、厳重な警戒を呼びかけている。

大型の台風10号は九州の南にあって、今後も北上を続け、15日午前にも、四国に上陸するおそれがある。

その後、西日本を縦断する見込み。

大型の台風であるため、広い範囲で雨が降り、総雨量が多いところで1,000mmを超える大雨のおそれがある。

15日明け方までに予想される24時間雨量は、いずれも多いところで、東海、四国、九州南部で500mm、近畿、九州北部で400mmなどとなっている。

また、15日にかけて予想される最大瞬間風速は、四国で45メートル、予想される波の高さは四国で10メートルと、猛烈なしけになりそうで、台風が上陸する15日は潮位が最も高くなる大潮とも重なり、高潮の危険が高まっている。

雨や風の警戒期間。

西日本や東日本は、太平洋側を中心に14日の午後から雨や風が強まり、16日にかけて荒れた天気が続く。

北日本は、台風が温帯低気圧に変わる16日以降、雨や風が強まる。

台風から離れた地域で強い風が吹くおそれがあり、早めの対策が必要となる。