災害時インフラ最新情報

児童虐待の通告数が過去最高  10年で約13倍に…「面前DV」も

  • 2018年の児童虐待の通告数は過去最高 この10年で約13倍に増えた
  • 7割以上が心理的虐待  「面前DV」が多い
  • 安倍首相は8日に関係閣僚会議を開くと表明

2018年の児童虐待の通告 過去最高

児童虐待の疑いで児童相談所に通告があった件数は、去年1年間で過去最多だったことが警察庁のまとめでわかった。

2018年の1年間に警察が児童虐待の疑いで児童相談所に通告した子どもの数は8万104人で、この10年で約13倍にも増えている。

梅津弥英子キャスター

7割以上が心理的虐待  「面前DV」も

そのうち去年は7割以上を直接暴力を振るわれたわけではない心理的な虐待が占めている。

この心理的虐待の中で最も多いのが、子どもの前で母親や兄弟が虐待を受ける「面前DV」だということだ。

千葉県野田市の自宅で亡くなった栗原心愛さん(10)の母親も夫から暴力を振るわれていて、こうした面前DVがあった疑いがある。

8日に児童虐待の関係閣僚会議

こうした児童虐待の摘発は1355件と、10年で約3.8倍に増えているという。

心愛さんの事件は、7日の国会でもとりあげられ、安倍首相は、8日に関係閣僚会議を開くと述べた。

(「プライムニュース デイズ」2月7日放送)