復興で失言 桜田大臣が辞任 「復興以上に議員大事」

カテゴリ:国内

「復興より大事」発言で、桜田オリンピック・パラリンピック担当相が辞任した。

桜田五輪相「いま総理とお会いしまして、辞表を提出しました。被災者の皆さんの気持ちを傷つけるような発言をしてしまって申し訳ないと、撤回させていただきます」

事の発端は10日午後7時前、東京都内で行われていた、岩手県選出で自民党所属、高橋比奈子衆議院議員のパーティーでの発言。

桜田五輪相「東日本大震災ということで、東日本は岩手も入っているので、世界中の人が行くと思うので、おもてなしの力を持って、復興を協力していただければありがたい。そして、復興以上に大事なのは高橋さんでございますので」

「復興よりも議員が大事」という、東日本大震災の被災地と、その住民を軽視するかのような発言。

東北の被災地からは、「やっぱり、オリンピックの方が大事という風向がどんどん、復興については、どんどん風化されていくイメージがある」、「国政にかかわる人なので、国民を向いて、発言1つ1つを考えていただきたい」などの声が聞かれた。

批判の声は、自民党議員からも噴出した。

自民党・中谷元衆院議員「いまだに自分の家に帰ることができない、非常に困っている方が多々いますから。非常にこの発言は不適切だと思っている」

自民党・林芳生参院議員「今までの発言にも問題なしというつもりもございませんが、ちょっと次元が違う発言が出てしまった。辞任は当然なんだろうなと言わざるを得ない」

桜田氏の辞表を受理した安倍首相は、「被災地の皆さまに、内閣総理大臣として、この発言について深くおわび申し上げたい。任命責任はもとより、内閣総理大臣たる私にある。全ての大臣が復興大臣であるとの認識を再確認し、今後も東北の復興に全力を傾けていく」と述べた。

辞任した桜田氏の後任として、自民党の鈴木俊一前五輪相が内定している。

(仙台放送)

(岩手めんこいテレビ)