韓国に「仏の顔は使い切った!」  自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声

カテゴリ:国内

  • 自民党で「堪忍袋の緒が切れた」と韓国に制裁求める声相次ぐ 
  • 政府は「対抗措置を考える」自民党内からは独自制裁・防衛協力の見直しの声 
  • 国会での韓国非難決議を求める動きが具体化へ

韓国の“虚偽説明・約束の反故”に「仏の顔は使い切った」

自民党は1月22日、韓国軍の駆逐艦による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題を議題について、岩屋防衛相出席のもとでの国防部会を開催した。

自民党・国防部会(1月22日 自民党本部)

この件については、もはや韓国側の主張は二転三転した挙句に、レーダー照射した側の韓国が、された側の日本に「謝罪を求める」摩訶不思議な事態に陥っている。そうした韓国とやり取りすることが、もはや馬鹿らしくなったのか、防衛省は21日に最終見解を公表して、韓国側との交渉を打ち切った。

山本朋広国防部会長は、「礼節をもって韓国に相対していたにも関わらず、韓国政府は嘘をつく、虚偽の内容を公表する、約束を反故にする。こともあろうに向こうがこちらに謝罪を求めてくる。無礼であると言わざるを得ない!仏の顔も使い切った!」と述べた。先週は「仏の顔も三度まで」と発言していたが、その先の段階に突入したということで、「もう堪忍袋の緒が切れた」とさらなる怒りを露わにした形だ。そして、山本氏は韓国に対して、独自の経済制裁や具体的な対抗措置に向けた動きを前に進めるべく、出席議員に訴えた。

自民党・山本朋広国防部会長

出席議員からは「韓国との防衛協力は一定期間はやめるべき」との声

出席した議員からは、韓国への制裁を求める声がさらに強まり、徴用工問題や慰安婦問題とレーダー照射問題を切り離さず、一括して韓国に対する制裁を行うべきだとして、「韓国艦船の日本の港への入港拒否」「国連安保理の場で協議し、国際社会の下で制裁を実行すべき」などの意見が出された。

また別の議員からは、「事実がはっきりするまでは防衛協力をやめるべき「防衛協力には違和感があるのが国民感情だ。一定期間は(防衛協力を)やらないとかしないと、確実に政権批判になる」などと、日韓の防衛協力自体の一時見直しを求める声があがった。

協議打ち切りには支持が多数の一方で疑問の声も

また、防衛省が、「これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」として日韓の協議を打ち切ったことについては、支持する声が多く上がった一方、疑問の声も出た。ある出席議員は「出るところに出ると思ったら、幕引きになった。それこそ遺憾だ」と怒りを示した上で、交渉を打ち切った以上、次の制裁措置などに話を進めるべきだと主張した。

終了後、記者団の取材に応じた中谷元防衛相は、「事実関係の解明が基本であるにも関わらず韓国側がまったく事実を公表せず誠意を示していないことは極めて遺憾だ」と述べ、韓国側の度重なる説得力のない主張に苛立ちを露わにした。

中谷元 元防衛相

自民党は韓国に対する国会非難決議に動き出した

山本部会長は終了後、記者団に対して「政府全体として制裁、対抗措置を考えていくという答弁があった」として、今後の政府側の対応に期待感を示した。さらに、会議の中で、国会において韓国への非難決議を行うべきだとの声が挙がったことについても、「各方面と調整したい。できるなら全会一致で非難すべきことだと考えている」として、28日から始まる通常国会での非難決議に向けて動き出すことを明らかにした。

最新のFNNの世論調査でも、今回の事件で映像を公開した日本の対応を「支持する」国民は8割を超え(85.0%)、韓国の主張に「納得できない」と答えた国民は9割(90.8%)を超えている。正しいことが、嘘や虚偽で捻じ曲げられるならば、国際秩序は崩壊しかねない。

韓国への制裁は「日本にとってマイナスだ」と言う意見は政府内にも根強いが、これまで日本が韓国に対し「大人の対応」をとり「譲歩」し続けてきたことが問題の全ての根幹であり、今回こそ強硬に対応すべきだとの意見は自民党内で広がっている。

いずれにせよ短期的な目線ではなく長期的な視野にたって、日韓関係が本当にどうあるべきなのかを真剣に考えた上での対応が求められている。

【関連記事】
「仏の顔も三度まで」“常識外”な韓国側の説明に自民党は我慢の限界か 自衛隊・哨戒機に対する韓国海軍のレーダー照射問題
もはや共通の価値観もなし? 韓国の対日表現削除は意趣返しか…危機深まる日韓関係