英EU離脱6月末に延期可決 前提となる離脱案 来週採決へ

カテゴリ:ワールド

イギリス議会は3月29日に迫ったEU(ヨーロッパ連合)からの離脱を延期することを、賛成多数で可決した。

今後、延期の前提となる離脱案が議会で承認されるかどうかが焦点となる。

可決されたEU離脱延期の動議は、20日までに離脱案が議会で承認された場合、29日に予定されていた離脱を6月30日まで一度だけ延期するもの。

離脱延期はEUすべての加盟国の承認が必要で、来週開かれるEU首脳会議で、その対応が協議される。

メイ首相は、来週早々にも、3回目の離脱案採決に踏み切る可能性があると伝えられているが、離脱案はこれまで2回、大差で否決されている。

動議には、離脱案が承認されなければ、離脱は長期間延期されるとも明記されていて、「合意なき離脱」に陥る可能性は、依然残されたまま。