「5G元年」端末続々 各社早くも火花

カテゴリ:ワールド

「αism」。

世界最大の通信業界のイベントを、小泉耕二氏が取材した。

帽子型のタブレットに、針に糸を通すロボットなど、スペイン・バルセロナで開催された、最新技術が集う見本市。

そんな中、主役となっていたのは、次世代通信技術「5G」だった。

世界中から、およそ200社が出展し、10万人以上が来場する「モバイル・ワールド・コングレス」。

すでにサービスを開始しているアメリカに続いて、韓国や中国などでも、2019年、5Gの商用サービスを始める動きが進んでいる。

そんな「5G元年」の2019年、すでにソニーやサムスンなど、各社がリリースした5Gに対応した端末が、会場で展示されていた。

端末だけでなく、実用化を見据えた使い方も発表されていた。

担当者は、「ロボットにピアノを演奏させることができるんです」と話した。

ピアノを弾くロボットに、ドラムをたたくロボットなど、複数のロボットが、同じ音楽を音を合わせて演奏している。

担当者は、「ここで開かれているような、ロボットたちのショーができるくらい、遅れることなく、即座にコンタクトを取ることができます」と話した。

5Gは、4G LTEに比べ、通信速度はおよそ100倍。

低遅延、つまりタイムラグがほとんどないので、少しのずれで不協和音が生まれてしまうような演奏でも可能になる。

別のブースでは、MRグラスをかけた女性が、コントローラーを持って何か作業をしている様子。

実は、離れたブースの人と、仮想空間上で共同で作業をしている。

5Gで低遅延だからこそ、このように、遠距離での共同作業が可能になる。

例えば、ARで複数人で行うシューティングゲームなども、タイムラグが起こらず、スムーズに行えるという。

4Gから5Gへ。

今まで実現できなかった、時間と距離を超えた、立体的な体験ができる未来が近づいている。