逃走車は他人名義 “アポ電”強盗事件

カテゴリ:国内

東京・江東区で、「アポ電」のあとに80歳の女性が殺害された強盗殺人事件で、現場から逃走した軽自動車は、逮捕された3人以外の他人名義だったことがわかった。

小松園竜飛容疑者(27)ら3人は、2月28日、江東区東陽のマンションに侵入し、加藤邦子さん(当時80)の口や手足を粘着テープで巻きつけるなどして殺害し、部屋のインターホンを奪った疑いが持たれている。

須江容疑者の同級生は、「殺人とかまではさすがにやらないと思っていたので、驚いた」と話した。

その後の調べで、3人が乗ったとみられる軽自動車は、3人以外の他人名義だったことがわかった。

軽自動車は、現場から逃走後、神奈川県方向に行ったあと、長野県内に逃走していたという。

警視庁は、事件前に「アポ電」をかけたのは、3人とは別の人物の可能性があるとみて、3人組の背後関係を調べる方針。