災害時インフラ最新情報はこちら

「後輩なのに…球場までもが…」パ・リーグ優勝した西武ライオンズの選手たちが物申す!?

  • 山川選手は森選手の運転手!? 森選手の態度にMC浜田さんも焦る
  • なぜ、森選手はこんなにヤンチャなのか?その秘密を探ってみた
  • 本拠地の「メットライフドーム」に選手たちが物申す! 

2018年にパ・リーグを制した埼玉西武ライオンズ。

1月20日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系列)に、ホームラン王&MVPに輝いた山川穂高選手、ベストナインに選出された森友哉選手、金子侑司選手、熊代聖人選手、山田遥楓選手が登場。

個性派揃いの西武ライオンズの選手たちの知られざるエピソードや、球団創設以来、応援歌を歌い続けている熱狂的なファンの松崎しげるさんの意外な“応援”も明かされた。

「生まれ変わったら大谷になりたい?」

まず、5人の選手たちに一問一答で本音に迫る「ジャンクアンケート」を実施。

「ネットの評判が気になる?」という質問に、山川選手と山田選手はイエスと回答していた。「特に打てなかった試合はエゴサーチをしちゃいます。よく『死ね、デブ』って書かれてる」と告白した山川選手。

MC浜田雅功さんが「打てなかったら、そんなこと言われるの?」と驚くと、「ものすごい量の『死ね、デブ』…。落ち込むんですけど、言われたことを心に刻みます」と批判もバネにしているという。 

また、「生まれ変わったら大谷翔平になりたい?」という質問には金子選手以外、全員がイエスと回答。

熊代選手は「(自分も)高校時代はエースで4番で、スーパースターだったんですけど、プロ野球で二刀流で、あれだけやっているのはスゴイ」と称賛。

森選手は「身長が高い!」とべた褒めし、山川選手は「なりたくない人はいないでしょ…。バッティング練習を見ていると野球をやめたくなります。僕が本気で引っ張った打球を、大谷はちょっと流したくらいで飛んじゃうので、見ないようにしてます」と話した。

一方、ノーと回答した金子選手は「せっかく両親が生んでくれたので」とその理由を明かした。

山川選手は森選手の運転手!?

さらに、山川選手は森選手に対してある不満を告白した。

山川選手は4つ下の森選手から、一緒に入団したその日だけ敬語で、あとはタメ口を使われているというのだ。一方、森選手は「同期の入団なので、一緒の時期に入っているんです。だったら、同い年かな」とケロッとしていた。

さらに森選手は「金子さん、熊代さんには敬語を使います!」と断言するも、金子選手は「使われてない!いつも注意するんです。偉そうなので。でも、まだ僕は敬語を使ってもらっている方なので…」と諦めを見せていた。

そんな山川選手は、森選手の運転手もしているという驚愕の事実が明かされた。

「どこかの球場に行ったり、集合がある場合は(森選手が)『山川さん、一緒に行こう』って言ってきて、僕が迎えに行くと、乗ったとたんにウィーンって椅子を倒すんです。靴を脱いで、助手席のダッシュボードの上に足を乗っけて、途中からいびきをかいて寝てて…」と山川選手が打ち明けると、浜田さんは「あかん!あかん!」と焦りだす。

だが、森選手は「めっちゃ安全運転で、眠たくなる!」と言いつつ、「でも、自分も気を遣っている部分もあって、(山川選手は)お腹が減ったら機嫌が悪くなるんです!ビックリするくらい!その時は、おにぎりと大好きなコーラを渡せば、機嫌がすぐに直る!」と反撃していた。

森選手“ヤンチャ”の秘密

そこで番組では、なぜ森選手はこんなにも“ヤンチャ”なのか、その秘密を探ることに。

入団5年目で、日本を代表するキャッチャーにまで成長を遂げた森選手の実力は、小学生時代からずば抜けていたという。

プロ野球のジュニアチーム「オリックスジュニア」に所属し、投手兼捕手・一番バッターとしてチームを優勝へと導き、中学生の時には日本代表選手に選ばれた。

だが、期待のプレーヤーだった森選手は、この後大きく道を踏み外すことに。

中学時代に森選手とバッテリーを組んでいた藤川尭史さんは「怖かったです…」と当時を思い出したのか怯えながら、「普通に生活していたら繋がらなかったタイプ。怖い系」と明かした。

野球より楽しかったからという理由で、ヤンチャな道へと外れてしまった森選手だったが、野球をやめることはなかった。

当時、森選手を指導していた瀬野竜之介さんは「明日は全国大会だから頑張るぞ、と気合入れていくぞと練習をしていたんですけど、気が付いたら森がいなくて、どこに行ったと言っていたら、女子マネージャーをナンパしていた」とヤンチャなエピソードを明かした。

そんな“ヤンチャ”だった森選手も、名門の大阪桐蔭高校に入学し、野球に没頭。見事、甲子園春夏連覇を達成し、ドラフト1位でプロ入り、パ・リーグ制覇の中心メンバーにまで成長した。

野球が好きだったからこそ、やめることなくここまできたという森選手は、「今年、結婚したい」という願望があるというが、まだ相手はいないという。

すると、西武ライオンズの熱狂的なファンの松崎さんが「ライオンズの選手、何人かキューピッドになっている」と告白。「二軍監督になる松井稼頭央くんは、僕と一緒にやっていたモデルを紹介したら、すぐ電話番号を…」と話すと、選手たちは目を輝かせていた。

本拠地の球場に選手たちが物申す!

さらに選手たちは、本拠地の「メットライフドーム」がツラい!と本音を漏らした。
 
山川選手は「まず階段があるんです。勝ったときはビクトリーロードをファンとハイタッチしながら歩くので、気がまぎれるんですが、負けた時は本当にヤバい!108段あるんです」と階段の多さをアピール。森選手も「エレベーターを付けてくれれば幸せ」とちゃっかりお願いしていた。

それを聞いた松崎さんが「球団が作られた時に、西武ドームは12球団の中で一番設備が良く、揃っていた。それを、今の“ヤングライオンズ”が文句言っちゃいけない!」と喝を入れた。

だが、まだ言いたいことはあるようで、金子選手は「ドームなんですけど、密閉されていないので虫がグラウンドに入りたい放題で。虫が嫌いなんですけど、夏場になるとポジションのところにセミが…」と話した。

さらに山田選手は「室内練習場があるんですけど、室内なのにサードとセカンドだけ水たまりがあるんです。屋根に穴が開いてて、そこにバケツを置いている。ほかのチームの寮とか室内練習場は良いと聞くので…」と嘆いていた。

しかし、選手たちが本音をこぼしたこれらの施設は今シーズンから大幅に改築されるという。築38年の若獅子寮も巨大な建物に生まれ変わり、室内練習場が入るのだ。

完成予想図を見た選手たちは驚きとともに、目をキラキラとさせていた。

2018年は勢いに乗っていた西武ライオンズ。2019年には、施設や設備の生まれ変わりとともに、新たなライオンズが見られるかもしれない。

『ジャンクSPORTS』毎週日曜日夜7:00~8:00放送