「土下座」に「平手打ち」…韓国IT業界“王様”壮絶パワハラの瞬間

  • 元社員に土下座させ平手打ち連発…その様子を撮影させてコレクションに
  • ニワトリを弓で射ぬかせたり日本刀で切らせたりすることも強要
  • パワハラ映像をコレクションも

激しい口調と止まらない平手打ち

韓国で「ITの王様」と呼ばれている会社会長のパワハラ動画が、いま波紋を呼んでいる。

ここは韓国にある会社のオフィス。
腰に手を当てて立っているのは、この会社の会長。その前にひざまずく黒い服の男性は元社員だ。

会長は、元社員を立たせると「何言ってんだ!えぇ!?」と言いながら、激しい勢いで頬を平手打ちした。
さらに、「お前は言葉で人をバカにしたと分かっているのか?お前、いま俺がバカに見えるのか?この×××野郎、自分のいた会社の代表に悪口を言うのか?」と平手打ちを繰り返した。

このパワハラ映像は、10月31日に韓国のニュースサイトで公開されたもの。

静まり返ったオフィスで会長による暴行が続き、「死にたくないならしっかり謝れ。本気で殺すぞ、マジで」と言われた元社員は、「申し訳ございません」と土下座をした。
それに対しても「はっきり言え!」と頭を叩いた会長。しかし、周りの社員が止める様子は見られなかった。

暴行の理由は? パワハラ動画を“コレクション”

この信じがたい暴行を働いたのは、IT企業「韓国未来技術」のヤン・ジンホ会長。
韓国では、インターネット上のデータ管理サービスでナンバーワンとナンバーツーの会社を保有し、「ITの王様」と呼ばれる人物だ。

このパワハラ動画は、ヤン氏が保有する会社のオフィスで2015年4月8日に撮影された。
しかし、一連の映像は、会長のパワハラを告発するために撮影されたものではなかった。

撮影していたのは会長に命令された役員で、会長は撮影された映像を記念品として持ち帰り、コレクションのように保管していたというのだ。

ヤン会長から暴行を受けた元社員の男性は、取材に対して「怒りを感じますよ。自分の人生を大きく変えるきっかけになった事件ですから」と語った。

元社員によると、会社の顧客用掲示板に「部下にもリーダーシップを見せればいいのにな」と会長に関わる書き込みをしたことが、暴行のきっかけだったという。
「(会長に呼び出され)なぜか分からないのですが、突然暴行が始まりました」

この映像を見た韓国の人々に話を聞くと、「あれは悪いやつだね。私が社員だったら、頭をかち割ってやったね」という声が聞かれた。

「お前は紫色で染めろ」ニワトリを傷つける行為も…

ヤン会長と社員たちとの記念写真から、暴行以外のパワハラも明らかになった。

よく見ると、会長の向かって右に座る中年男性の髪は赤。その横の男性は、緑色の髪をしている。
別の元社員によると、ヤン会長はそのときの気分で髪を強制的に染めさせることがあったという。

「腸詰めを食べている時に『この色いいな』ということで、『じゃあお前は紫色で染めろ』と」などと証言している。

さらに、ヤン会長は社員たちにアーチェリーで生きているニワトリを撃つよう強要したり、日本刀を持たせてニワトリを切らせる行為にまで及び、その様子を映像に残していたといいう。

現地のニュースサイトの直撃に終始無言だったヤン会長。しかし、その後、自身のフェイスブックで次のように謝罪をした。

ただ会社の組織をうまくまとめるべきだとの考えから始まった。
私の独断的行動が、多くの方々の傷になったことを切実に感じて、その誤りを深く悔いています。
すべての職を辞して会社を離れ、再び社員に傷を与えることがないようにします。

韓国警察は、暴行容疑などで捜査に着手した。


(「プライムニュース イブニング」11月1日放送分より)

このニュースを動画で見る