なぜ?「人質解放」国によってこんなに違うメディアの反応

石井梨奈恵
カテゴリ:ワールド

  • 安田さん解放後、一部メディアで飛び交う「自己責任論」
  • 解放された人質を巡るメディアの報道は国により異なる
  • フランスに根付く「真実を知ること=民主主義の根幹」という発想

安田さん解放に関するフランスでの報道

シリアで拘束されていたフリージャーナリスト・安田純平さんが解放されたことについて、フランスの大手紙は次のように伝えた。

「フランスでは、拘束されたフランス人が解放されると、空港で祝福される。しかし、安田純平氏は、祝福される代わりに、今回の事態が完全に彼の過ちのせいだったと考える一部の日本人からの侮辱にさらされなければいけなかった」。

同時に、いわゆる「自己責任」についても説明している。

「文字通りだと『個人の責任』という意味だが、(日本では、)制度や法令を守らない人に対して、ネガティブなとらえ方で『(そんな目に遭ったのは)当然のことだ』という意味で使われる」と説明している。

真実を知ることこそ「民主主義」

安田純平さんの解放をめぐっては、批判や賛成など様々な声が上がり議論を呼んでいる。

外務省から止められたにも関わらず、シリアに渡航して拘束につながったことや、安田さんのこれまでのツイッター上での発言、そしてこれまでにも複数回拘束されていることなどから、一部では批判が相次いでいる。

今回、安田さんのこれまでの言動に対する賛否は別として、「記者が武装組織に拘束される」ことについて、ヨーロッパ特にフランスでの反応が、日本でのそれとは全く異なることを知った。

シリアなどの中東や内戦中のアフリカ諸国に向かうジャーナリストに対する国民の感情が特別なのである。

解放後の機内で、記者団に話す安田さんの様子を見て、ある程度の違和感を覚えた筆者に対し、フランス人記者は「彼は、反省する必要はない」と答えた。

理由は、「彼のような人がシリアに行かなかったら、そこで何が起きているのか、真実が分からない。真実を知ることは、私たちにとって、とても大事なことだ」ということだった。

このことがきっかけで、今回の件について、他のフランス人にも聞いてみた。

複数回にわたって拘束されていることについては、呆れた表情を見せた人もいたが、それでも10人に尋ねたら、10人とも同じ返事だった。

・「真実を知ることは大事」

・「真実を知らなければ、民主主義を保てない」

・「彼のような人がいなければ、誰が真実を教えてくれるのか」

・「お金を払っても、どんな人であろうと、政府が助けるのは当然のこと」 

主な返事はこうだった。

フランス人の中には、「真実を知ること」=「民主主義の根幹」という根強い考えがあるようだ。

フランスに根づいた「連帯」= 「solidarité」

フランスでは、弱い立場の人や、何かしら大変な経験をしている人に対して、非常によく使われる言葉がある。

それは、「連帯」という言葉だ。

この言葉は、政治家の演説でもよく使われる。しかし、政治の場面だけでなく、日常的に、例えば地下鉄やバスの中でも聞こえてくるし、その考え方が実行に移されている。

子供を抱えた母親や妊婦、高齢者などに対し、その場にいる人がこぞって手を差し伸べる。

もし、ベビーカーを支えながら立っている母親のためにスペースを空けなかったり、高齢者が横にいるのに立たなかったりする人がいた場合、周囲の乗客がその人に注意して、立つなり譲るなりさせる。

こんな光景が、日常である。

これらはすべて「連帯」からくる行動であり、「これこそ、連帯だ」などという会話が日常的に聞こえてくる。

もちろん、災害や事件の被害者に対してはなおさら、「連帯」するのが当然のことだと考えられている。

大変な境遇に置かれている人のためには、連帯してデモ行進をし、連帯して政府に訴えかけるのだ。

こうした「連帯」は、フランス人記者が、シリアで武装組織によって拘束された時にも示された。

フランス人ジャーナリスト拘束事件では

フランスでは、2013年6月、4人のジャーナリストやカメラマンがシリアで拉致され、10ヵ月以上拘束された後、2014年4月に解放された。

解放までの間、フランス国内では、救出を求める様々な動きがあった。

4人は、大手ラジオ局に属する記者とカメラマン、そしてフリージャーナリストだったが、会社の垣根を越えて、ジャーナリストたちが連帯し、集会を開くなどした。

拉致された4人と関係のないメディアも、ネットを通して支援を呼びかけ、特別放送を設けるなどした。

パリでデモ行進がある際に、中心的な場所となるレピュブリック広場では、毎月のように人々が集結し、救出を訴えた。これが、フランスの場合である。

そもそも、フランスでは、記者=敬意をはらうべき職業と見られている。

2014年4月 解放されたジャーナリストを出迎えるオランド大統領(当時)

フランス人が最も大切にする「自由」や「民主主義」などの価値観を守る役目を担っているのが、記者だからだ。まさに、「真実を知ること」=「民主主義の根幹」という重要な考えを、具体化している職業なのだろう。実際、フランスの労働協定においては、記者は他の労働者よりも守られる形になっている。

地政学的な理由も

フランス人が、シリアやアフリカ諸国などで拘束された記者を擁護する傾向にあるのは、よりシンプルに考えれば、「自分たちに近い問題だから」でもある。

フランスのニュースでは、アフリカ諸国や中東に関係するニュースに割かれる時間が、非常に多い。
地政学的に近いからこそ、国民はそこで起きていることに興味がある。
そこで起きていること、そこでの真実を知ることは、自分たちに大いに関係することになるからだ。
フランスには、アフリカや中東からの移民が多く住んでいる。
親戚や、友達がこうした地域の国から来ていることは、ごく当たり前のことであり、日常だ。
こうした、地政学的な理由も、今回の件をめぐるフランス人の反応に大きく影響していると言える。
日本人にとっては、シリアは遠い。イスラム国が勢力を拡大していた時期の恐怖は知っているし、いまだに危険な地域だということは認識しているものの、遠く離れた地域であり、フランス人が感じる「近さ」を感じることは難しい。したがって、そこで何が起きているのか「真実を知りたい」、という気持ちも、ヨーロッパの人たちと比べると希薄なのかもしれない。


安田さんの過去の行動、言動を踏まえて様々な議論が起きている。

これには賛否両論あり、それぞれの人が自分の考え方を持っているだろう。

そのひとつの例として、世界を見渡し、ヨーロッパのフランスにおける考え方が参考になることを期待したい。

(執筆:フジテレビ パリ支局長 石井梨奈恵)