「宇宙軍」創設へ トランプ政権 目指すは“宇宙支配”!

  • トランプ政権は2020年までに「宇宙軍」創設を発表
  • アメリカは「宇宙を支配しなければならない」と発言
  • 背景には衛星攻撃兵器の開発を加速させる中国、ロシアの存在

「宇宙を支配しなければならない」

アメリカのトランプ政権は2020年までに「宇宙軍」を創設する計画を発表した。

ペンス副大統領
トランプ大統領が発言したように宇宙空間にアメリカの存在があるだけでは十分とは言えない。宇宙空間を支配しなければならない

「宇宙軍」実現すれば6番目の軍に

ペンス副大統領は9日、国防総省で、2020年までに「宇宙軍」を創設する計画を発表した。
実現すれば、陸海空軍と海兵隊、沿岸警備隊に続く6番目の軍となる。

宇宙を新たな「主戦場」と位置づけ、衛星攻撃兵器の開発を加速させる中国、ロシアに対抗する狙いがあるが、議会などでは反対論も根強く、実現には難航も予想される。

(プライムニュース デイズ8月10日放送分より)