災害時インフラ最新情報

北海道と東北でほぼ同時刻に2つの地震が発生…関連性は?首都直下地震への影響は?

カテゴリ:国内

  • 2月12日午後7時37分ごろ北海道で震度3 東北と関東で震度4の地震が発生
  • 専門家は2つの地震には関連性はなく、震源の深さが影響していると指摘
  • 大地震の前兆とされる幻の深海魚の出現にネットも騒然

各地で「揺れた」と不安の声 ネット上も騒然

突然の揺れは、2月12日午後7時37分ごろ、日本の各地で同時に起きた。

地震速報の画面を見ると、北海道と東北から関東まで広い範囲が揺れたことがわかる。

このうち、宮城県や茨城県などでは震度4を観測。13日にLive News it!の取材班が茨城県水戸市を訪れると、街からは不安の声が聞かれた。

30代女性:

東日本大震災の時みたいな、ゴーって感じがして、ちょっとびっくりしました

20代女性:

アパレルのバイトをしていて、マネキンとかもすごく揺れてたので、怖いなって…

80代女性:
揺れました。ストーブ消そうと思って、どうしようかなって…

地震の直後、ネット上では「地震」や「揺れ」が急上昇ワードとしてトレンド入り。

特徴的だったのが、全国各地で「揺れた」とつぶやかれたことだ。

横浜では「揺れた~7階だからか結構な揺れ!」、福島では「福島に地震。怖いね」、さらに東京でも「嫌な感じのゆるい揺れが怖い」との投稿が見られた。

2つの地震に関連性なし 広範囲での揺れの原因は

広い範囲で揺れた今回の地震について、街からはこんな疑問が…

80代女性:
北海道からなのに、なんで茨城県がこんなに揺れたのかなと思いました

なぜこれほどの広い範囲に渡って揺れが起きたのか?実はこの時、2つの地震がほぼ同じ時刻に発生していたのだ。

1つ目の地震は北海道で、午後7時36分に発生。すると、そのわずか1分後の午後7時37分に、今度は福島県沖で別の地震が発生したのだ。

専門家はこの2つの地震には関連性はなく、広い範囲の揺れは震源の深さが原因だと指摘する。

東京大学地震研究所 纐纈一起教授:
2番目の福島沖の地震は、深さ80kmといわれているので、震源が深いということは影響していると思います

地震は一般的に、震源が浅いと揺れの伝わり方は狭くなり、逆に震源が深いと揺れは広い範囲に伝わる。

首都直下地震など、大きな地震の発生に影響はあるのだろうか?

東京大学地震研究所 纐纈一起教授:
直接的な影響はないと思います。2番目の福島県沖の地震は、2011年の東日本大震災の地震の余震だと思います

大地震の前兆?リュウグウノツカイが出現

こうした中、地震が起きた12日に幻の深海魚が打ち上げられたことをめぐって騒動が巻き起こっている。

石川県志賀町の海岸で、度々“大地震の前兆”と噂される「リュウグウノツカイ」が発見されたのだ。

また、約1週間前の2月7日に兵庫県でもリュウグウノツカイが相次いで目撃されており、ネット上は「リュウグウノツカイが打ち上がった 地震に注意だ!」「何事も起こらないことを祈っています」とざわつく事態に。

今回のリュウグウノツカイの出現は、大地震の前兆なのか?

東京大学地震研究所 纐纈一起教授:
そういう話はいくつかありますが、(地震と前兆に関する噂で)直接的関係があると証明されたのはひとつもないと思います

Live News it!のスタジオでは…

加藤綾子キャスター:
直接的には関係ないということですが、ちょっと不気味ですね?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
気になりますよね。でも、大きな地震の前兆かどうかはわからないということですから、こういった機会を捉えて基本に忠実に、自分がどういうところに住んでいるのか、家の中の家具が倒れる心配はないか、周辺のハザードマップのチェックなど、いざという時の避難について考えるきっかけにすればいいのではないでしょうか

加藤綾子キャスター:
大きな地震はいつ来るか分からないものですから、家族でどう連絡を取り合うかの確認もしっかりとしておくべきですね

(「Live News it!」2月13日放送分より)