災害時インフラ最新情報

20歳で結婚していた…GACKTが過去の結婚歴、お金の疑惑の真相を告白

  • GACKTのこだわりが詰まった日本の拠点は超豪華
  • 「20歳のときに結婚」GACKTが明かす結婚観と恋愛観
  • 義援金横領疑惑、“GACKT脱税”その真相を赤裸々告白

映画「翔んで埼玉」が日本アカデミー賞の最多12部門で優秀賞を受賞し、今年に入ってYouTubeチャンネルを開設。そして、ソロデビュー20周年を記念した全国ツアー開催中というGACKT。

1月23日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、GACKTが所有する日本の拠点に初潜入。さらに過去の結婚歴からお金の疑惑までその真相を告白した。

GACKT日本の拠点に坂上が潜入

2019年5月の放送では番組MCの坂上忍がGACKTのマレーシアの大豪邸を直撃。今回は、日本の拠点となる地上4階地下3階の個人所有のビルを特別に見せてもらうことに。

足を踏み入れた地下1階のロビーは豪華絢爛でまるで高級ホテルのような空間。ゲストをもてなすビリヤード台や冷蔵庫ほどもある大きな業務用空気清浄機付き加湿器が置かれ、セキュリティーシステムも完備。

マレーシアの開放的な雰囲気とは真逆の空間に坂上が驚いていると、GACKTは「もともと、紫外線アレルギーだった。なので、地下の物件を探して地下に住んでいて、その流れでスタジオとかも地下に造るようになったんです」と話す。

他にもロビーにはどこで手に入れたらいいのか分からないような独特なオブジェが置かれているなど不思議な空間。壁には趣味のスノーボードが飾られていた。どんなことでも極めようとするGACKTは「一時期、(スノーボードに)ハマりすぎて、山を買った」と明かし、彼の大胆な行動に坂上も思わず苦笑。

室内には、こだわり抜いて選んだ高級な椅子を並べ、一つは「靴を履くときに座る椅子」と、贅沢な使い方をしているGACKT。イタリアの高級家具ブランド「ポルトローナ・フラウ」の椅子については、「このブランドが大好きで、このブランドの家具を見ているだけで一週間過ごせる」と熱弁した。

また、マレーシアの自宅にもバーがあったが、日本の拠点のバーにはさらなるこだわりが詰まっていた。和風のテーブルと洋風のカウンターをミックスしたGACKTこだわりのバー。

この自慢のバーを見た坂上が「芸能人の友達とかいるの?」と聞くと、GACKTは「一般の友達が。僕は友達が少ないので。でも、深い付き合いをしたいので、親友と付き合っていきたい」と明かした。

バーと同じくマレーシアの自宅にもあったトレーニングジム。しかし、日本の拠点には本格的なジムが造られていた。GACKTこだわりの機材が置かれたプライベートジムには、個人で所有しているのが日本で彼だけだというプロ用のボクシングマシンまで。

ここでもGACKTは「午前11時から午後3時ぐらいまでやっている」と、マレーシアの生活と同様に時間を決めてトレーニングをしているようだ。さらに、13年前にテコンドーを始めたGACKTは、5年かかるとも言われている黒帯をわずか2年で取得している。

取材時、全国ツアーを控えていたGACKTは、このジムで毎日4時間、ツアーを回るメンバーたちと一緒に、途中でギブアップする人が続出するほどの超ハードトレーニングを積み重ねていた。

揉め事がきっかけでGACKTが歌い手に

さらに、GACKTの仕事部屋にも潜入。

歌を録音する際に使うボーカルブースや、ボーカルブースに指示を出すコントロールルームも備えられ、かけた金額はなんと5000万円。GACKTはこの場所で作詞作曲などの音楽制作も行っている。

幼少期からさまざまな楽器に触れてきたGACKTは、3歳から英才教育を受けたというピアノを始め、バイオリンやドラム、ギターも弾くことができる。トランペット奏者だった父親の影響だという。

そんなGACKTが歌い手になったのは、若い頃の揉め事がきっかけだった。

「19歳の頃、僕はそれまでドラムだったんですけど、当時のバンドでボーカルが抜けて。メンバーと話をしているときに『ボーカルやろうかな』と言ったら、『ボーカルなめるな!』とメンバーがキレて。別にふざけて言ったわけじゃないけど、引っ込みつかなくなって。一週間後に全部の歌を歌ったら、メンバーが『お前がボーカルだ』と認めてくれて。それをきっかけにボーカルをやるようになり、MALICE MIZERのメンバーから連絡が来ました」

マレーシアではド派手なスーパーカーに乗っていたGACKTだが、日本で乗っているのはアメリカの高級車「キャデラック・エスカレード」。運転席と後部席はモニター付きの壁で仕切られているなど、7人乗りをGACKT仕様にカスタマイズしていた。

番組のスタッフがインタビューの前日、まさに今GACKTが乗っている車から美女が降りてきた、という目撃情報を明かすと、 坂上は「(車の中で)二人っきりでしょ?イチコロでしょ?」と質問。するとGACKTは「どうなんでしょうね」と濁しながら、「女性はクルーザーとかプライベートジェットとか高級車を持っているとかでなびく人もいますけど、本質的にはその人の中身でいいなと思える部分があるか、ないかだと思うんです」と恋愛観を明かした。

車から降りてきた女性とは「食事をして駅に送って、僕は仕事があったので帰りました」と話した。

過去の結婚歴の“シンソウ”

GACKTの恋愛観が少しずつ分かってきたところで、坂上は都市伝説のようにささやかれていた過去の結婚歴について質問。

これに対しGACKTは、実はデビュー前の20歳のときに結婚していたことを語り出した。

GACKT自身は結婚に意味を見出しておらず、相手が婚姻届を出すことを望んだため結婚したと言うが、GACKTは「籍を入れたからと言って、何か変わるわけではない。むしろ、変わらなければならないのは自分自身」という考えを持ち、それを相手にも話していたが、「籍を入れた直後は精神的に落ち着くんですけど、籍を入れたからと言って何も変わらないことに気づいていく。そうしたら余計おかしくなってきて、このままでは本当に無理だと感じて別れた」という。結婚生活は3ヵ月という短い期間で終わったという。

こうした経験を経たGACKTは、今後の結婚について「結婚したいという思いがあるのか、ないのかと言われたら今は、どちらでもない。ただ、自分の最期に一緒にいる人が、一緒にいた証を残したいと思い、それが籍を入れることだとしたら、死ぬ前に籍を入れるかもしれない。それを相手が望めば」と明かした。「でも、籍を入れることじゃないとも思います。むしろ、もっと強いつながりというか結びつきを紙以外で考えなきゃいけないんじゃないのかな…」と語った。

お金にまつわる噂の“シンソウ”

結婚歴に続き、週刊誌やワイドショーを賑わせていたのはGACKTのお金にまつわる噂。

ビジネス本がベストセラーになるなど、実業家としての顔も持つGACKTだが、昨年マレーシアでその収入源は、富裕層向けの高級物件を売買するなどの不動産ビジネスだと明かしてくれた。

他にもこれまで中古携帯電話の海外販売や和牛ビジネス、スキー場経営などさまざまなビジネスに挑戦しているGACKTは今、あるビジネスに注目しているという。

そのビジネスとは、「グロウンダイヤモンド」と言われるもので、ダイヤモンドが作られる環境を研究所で再現して人工的に生み出すもので、いわば養殖のダイヤモンド。GACKTはこれが将来、大きなビジネスになると目を付け、2019年7月に日本グロウンダイヤモンド協会のエグゼクティブオーガナイザーに就任した。

GACKTはこのビジネスに注目している理由を「ダイヤを発掘するにあたり、ものすごく多くの人の血が流れているんです。最初は僕も全然知らなくて、ダイヤが好きで着けていました。でも、ダイヤの歴史や現実を知った」ことがきっかけだと明かした。

収入源が分かったところで、気になるのは2012年に一部の週刊誌でGACKTが東日本大震災の義援金を横領したという疑惑が報じられ、世間からバッシングを受けたことの真相。これまでGACKTは、ほとんど釈明をしてこなかった。

震災直後、GACKTは被災地に毛布や食べ物、水などを送ろうと行動を起こした。当時の事務所に反対されながらも、さまざまな芸能人も参加した街頭募金を全国実施。GACKT自身は名古屋で参加。募金活動で集まった2億円を赤十字に送ったが、GACKTがそのお金を横領したと言われ始めたという。

このバッシングにGACKTは「ふざけんなって思ったんですけど、いちいち反応する必要ないと。僕が僕自身であり続ければいいかな」と複雑な思いを抱えながら積極的に釈明をしてこなかったという。

「GACKT脱税」が報じられた、その“シンソウ”

さらに、義援金横領疑惑だけでなく同じ年、GACKTが脱税し東京・国税局査察部、通称・マルサが立ち入ったと報じられた。その真相についてGACKTはこう語る。

「義援金のことで事務所と割れて、僕に付いてくれていたスタッフと付かなかった社長達に分かれてしまって。彼らに対して、いろいろな疑問もあったりして、信用できるパートナーではないということで、契約を切ったんです。その後で、その事務所に東京国税局の査察が入って、その流れで僕の家にも来ました」

つまり、GACKTの家に東京国税局査察部がやって来た理由は、取引先などに対して行われる裏付け調査のためのものだったという。

しかし、“GACKT脱税”と報じられてしまい、GACKTは「違うという話をしたい、表に出したいと思ったんですけど、捜査妨害になるから、このことに関しては一切解決するまでは言わないでくれと言われて」と、これまで話さなかった経緯を明かした。

当時はハリウッドの映画も控えていたというGACKTだが、この騒ぎで話がなくなってしまい、「あのときはキツかったです。本当に笑うしかないですよね」と当時を思い出し、苦笑した。

現在、ソロデビュー20周年を記念した全国ツアー中のGACKT。今年の目標を「ツアーが終わったから考えようかなと思っています」とGACKTが答えると、坂上は「今度さ、旅行に連れて行ってよ」とお願い。
意外な誘いに驚くGACKTに、坂上は「面白そうだから。一緒に旅してみたいなと思った」と話す。「全然観光しないですよ。朝、トレーニングですよ」と返事をしたGACKTに「僕はだから、トレーニングしている横で朝から飲んでいます」と坂上が言うと、「ジムで飲んでいる人見たことないですよ」と笑った。

【関連記事】坂上忍がGACKTのマレーシアの豪邸に潜入!


(「直撃!シンソウ坂上」毎週木曜 夜9:00~9:54)