災害時インフラ最新情報

ハワイ島で“オフグリッド生活”を送る元人気タレント・相楽晴子さんの今

  • 1年前に“オフグリッド”宣言をしてハワイ島へ
  • 電気に頼らないナゾの自給自足生活に密着
  • なぜ、 “オフグリッド生活”を始めたのか…?

今、さまざまな芸能人が海外や地方へと移住している。

1月9日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、「あの美女たちの海外・離島移住生活のシンソウスペシャル」と題し、元人気タレントの相楽晴子さん、女優・田中律子さんらに密着した。

“オフグリッド生活”とは…?

アメリカ・ハワイ州の中で一番大きな島・ハワイ島に移住した相楽さん、51歳。

16歳で芸能界デビューして35年。ドラマ「スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説」の“ビー玉のお京”役で女優としてブレイク。アイドル歌手として歌番組にも出演し、陽気で人懐っこいキャラクターが受け、バラエティー番組のMCとしても活躍。

そんな相楽さんは1995年に結婚して渡米。ハワイ・オアフ島でツアーコーディネートの仕事をしていたが、2019年に自身の会社のHPに「ハワイ島に移住し、オフグリッド生活を始めました」と一旦仕事を休止する告知を掲載。

“オフグリッド生活”とは、電力会社の電気を使わない生活のこと。番組では、ハワイで“オフグリッド生活”を送る相楽さんに密着した。

どんな場所で暮らしている?

相楽さんの新居はハワイ島東部・ヒロの街。

未舗装の道を10分弱、ヒロの街から20分ほどで入り口らしき場所へ。昨年1月15日に引っ越してきて3ヵ月で見つけて即買いしたという新居は森の奥地にあった。自身が「屋根はトタン、壁はベニヤ1枚で全然豪邸じゃない(笑)」と語る通り、質素な作りの平屋建ての建物だ。

到着すると相楽さんが「ゲイリー!ジョイちゃん!」と呼び掛けて出てきたのは、夫のゲイリーさんと娘のジョイさん。普段はカリフォルニアにいるというジョイさんは、たまたま里帰りしていた。

写真集の撮影で出会い、ロサンゼルス在住のゲイリーさんと結婚した相楽さん。ジョイさんを出産してからは女優業を休止し、8年後の2003年、オアフ島に転居。

ツアーガイドや撮影のコーディネートなどをする会社を立ち上げ、夫婦二人三脚で仕事に励んできた。そして、1年前に“オフグリッド”宣言をしてハワイ島へ。

家は庭付き平屋建ての1LDKで、夫婦で改造したリビングとキッチン、ユニットバスにベッドルームがあるだけという必要最低限の間取り。不定期の仕事の収入と貯金だけで暮らし、“ほぼ”自給自足の生活だという。

東京ドームのグラウンド約1個分だという3エーカーの土地を即買いした理由を相楽さんは「決め手は木がないこと。いつでも私が好きなように植物を植えたり、好きなように小屋や家を建てたりすることができるのがいいなと思いました。(値段は)日本円で約1000万円。安いでしょ」と明かした。

こんな広い土地で相楽さんは何をしようとしているのか。「最初はグランピングサイトもいいかなと思ったけど、やっぱり農園?英語でフードフォレストと言って、森の中の植物は全部食べられるものにして、来た人が自分で収穫したり、ジュースを作ったり、それを楽しめる場所にしたい」と語った。

“ほぼ”自給自足の生活

では、“オフグリッド生活”とはどんな暮らしなのか。

屋根の上にある4枚のソーラーパネルで作った電気を8個のバッテリーで蓄電して家の中に供給する。そのため、電気代はタダ。太陽が出なくても3日間は持つといい、非常用の予備電源として発電機も。

水は雨水が屋根のといからパイプを通って貯水槽へ。この水をフィルターで濾過して風呂やトイレなどの生活用水にしている。

飲み水にもお金をかけることなく、雨水を濾過した水を炭のフィルターの入った浄水器に通して、飲み水にしている。スタッフも飲んでみると「清流のせせらぎをすくって飲んだみたいな味」とコメント。

もう一つのライフラインであるガスは、日本でも見かけるプロパンガスを使用。ただ日本と違うのは重いタンクを運んでガスステーションへ補給しに行くということ。

流れ出た水、つまり下水道については「キッチンと洗面台とお風呂の水はえらく汚いお水ではないので、庭の植物のところにパイプがあるので、そこに流れるだけです」と話した。

“オフグリッド生活”は「何もしない美学」

相楽さんが考える農作物栽培は今、どこまで進んでいるのか。

現在、野菜・果物など約40種類、食卓に並ぶ程度の収穫量でお試し栽培中だといい、まだ本格的な農園作りには着手していないという。

その理由を相楽さんは「その前に1年を通して天気がどう変わっていくのか、水がどこに溜まるのか、どこに草が生えるのか、1年通してこの土地がどう変わっていくのか見ていきたい」と話した。

しかし、庭の野菜だけではまかないきれないため、スーパーマーケットへも食材補充に行くという。

相楽さんの買い物に同行すると、「物価は決して安くはないです。地元で生産している野菜は土地に限りがあるから、生産量も限りがある。まだビッグアイランドで土地がある分、農家さんも多いから。ここからオアフ島に行く食材も多いので、ちょっとだけオアフ島よりは安いです」と話し、物価の高さも明らかとなった。

この日の夕食は夫・ゲイリーさんお手製のパンと庭で採れた野菜のトマトソースパスタ。ほぼ自給自足のメニューだという。

夫、娘はハワイ島での“オフグリッド生活”をどう思っているのか。

ゲイリーさんは「ストレスなしの場所。車の音もない、虫の声だけ」、ジョイさんは「ロサンゼルスに4年住んでいるけど、楽しいけど結構飽きる」と笑った。相楽さんも「私はこの生活にすごく楽しさがあって長く続いてる。もっともっと発見があるから、まだ全然飽きていない」と笑顔を見せた。そしてこの生活についてジョイさんは「何もしない美学」と例えるほど、3人の充実した“オフグリッド生活”を伺うことができた。

「ハワイに骨を埋めます!」

そんな相楽さんは、なぜ“オフグリッド生活”を始めようとしたのか。

翌日、相楽さんが訪ねたのはこの生活の先輩の家。ハワイ島で11年、オフグリッド歴は25年という相楽さんの相談相手、ケイコ・フォレストさん。

フォレストさんは、ジャングルの中にゲストハウスを開き、オフグリッド生活の体験プログラムを組んでいる。

相楽さんは「毎日お金を稼いで入ってきたモノは目の前を通り過ぎていく。家賃、水道代、電気代で月に軽く5000ドル、50万円はないと家族3人が暮らしていけない。ケイコさんに『月にいくらあったら食べていけますか?』と聞いたら、『娘2人いるけど10万円あれば足りるかな』って。2年計画でやっと実現できました」と、オフグリッド生活を始めたきっかけを明かす。相楽さんはお金を稼ぐことより、お金を使わない生活を選んだのだ。

「ある日、ジョイちゃんが高校を卒業したときにロサンゼルスに行きたいと言い出して、バイトしてお金を貯めて行きたいって。その時に、もしかしたら今だったら子どもの心配をしなくてもいいし、2人だけの生活だからコストも下がるし、大きな家もいらなくなるから、いろいろ断捨離してみる?みたいな。“第3の人生が始まります”という幕が私の中で開いたんです。(もう骨を)埋めますよ。どこか裏庭に私を埋めてください、木の下にって。あそこにお墓を建てたいくらいよね」

芸能界デビューから35年、相楽さんがたどり着いたのはハワイ島オフグリッド生活という楽園だった。

(「直撃!シンソウ坂上」毎週木曜 夜9:00~9:54)

【関連記事】
「恩を返したい」田中律子が離婚直後に沖縄・恩納村へ移住を決断したワケ
渋谷109“伝説のカリスマ店員”が表舞台から消え大成功していた! なぜ、バリ島に移住したのか