災害時インフラ最新情報
LIVE 『「サイバー戦」最前線 企業の“機密”を攻撃 仮想空間で専守防衛は』【BSフジLIVEプライムニュース 配信中】

人徳のある方、背中で芝居をする役者…昭和の名優・梅宮辰夫さん(81)死去。親交のあった山田雅人と高橋克実がグッディスタジオで語る

カテゴリ:国内

  • 俳優の梅宮辰夫さんが慢性腎不全で死去...81歳だった
  • ディナーショーで一緒に仕事をした山田雅人が語る梅宮さんの潔さ
  • 「背中で見せる役者だった」グッディMC高橋克実が思い出を語る

名優がまた一人...梅宮辰夫さんが死去

12日朝、俳優の梅宮辰夫さんが慢性腎不全のため亡くなった。81歳だった。

梅宮さんは2019年1月に尿管がんの手術で尿管と腎臓を摘出。それ以来、週に3日、人工透析を受ける生活を余儀なくされていた。
しかし関係者によると、11日までふつうに会話ができる状態で、12日朝になって急に容体が悪化したという。

「直撃LIVEグッディ!」は梅宮さんと20年来の付き合いがあり、梅宮さんが救急搬送された時に立ち会ったという友人に話をうかがうことができた。

【通報した20年来の友人に聞いた、12日朝の梅宮さんの様子】
・午前6時前、妻・クラウディアさんが梅宮さんの異変に気付き、東京の友人へ電話
・東京の友人から連絡を受けた友人が駆け付けると、梅宮さんは1階のソファでパジャマ姿だったという。クラウディアさんは「パパ!パパ!」と呼びかけるも、反応のない梅宮さんを前にやや取り乱している様子だった
・友人が119番通報し、午前6時すぎに救急隊が到着。梅宮さんは救急搬送された
・午前7時40分、慢性腎不全で死亡が確認された

10日には釣り仲間との忘年会に出席し、梅宮さんは「今年中にもう1回忘年会をやるぞ」と楽しそうに話していたという。
友人によると、12日朝の梅宮さんは眠るような表情だったという。

大けがの際に見せた梅宮さんの心遣いとは

さらにグッディ!はスタジオで、晩年の梅宮さんと親交のあったタレント・俳優の山田雅人さんから、最近の梅宮さんの様子について話を伺った。

山田雅人さん:
僕は1人の人物の生涯を言葉だけでつづる舞台をやっておりまして、2018年3月に梅宮辰夫さんのディナーショーで「梅宮辰夫物語」をやらせていただいたんです。そのディナーショーの司会も僕が担当させていただきました。

ヨネスケ:
山田さんは「長嶋茂雄物語」とか、いろいろスターの方を物語にして、語りをするんですよね。

安藤優子:
去年のディナーショーでご一緒されたんですね。これ、そのとき梅宮さんはおケガをされたんですよね。

山田雅人さん:

当日、リハーサルの前に会場のホテルに到着されてすぐに、玄関でお転びになって病院に搬送されたんです。血だらけになって、「みんな中止にしよう」って言ったときに梅宮さんが「待ってくれ、俺は戻ってくる」と。みんな止めたんですけど「大丈夫だよ、山田君。俺は東映で血は慣れてる」とおっしゃって。病院に運ばれて、手術して30針縫われて、そのまま来たんですよ。僕がびっくりしたのは「お客さんが来るから、山田君、頼むからこれを笑いにしてくれ。オペラ座の怪人と紹介してくれ」と言われたこと。そのあとはスタッフ、私たちに「本当に申し訳ない、こんな大事な時に転んだ俺を許してくれ」と謝られました。

安藤優子:
この時サングラスをされて、腫れや痛みもひどかったと思うんですが…。

山田雅人さん:
麻酔が切れた状態で舞台に登場されたんですよ。それでも私の語りを1時間、ずっと隣で座って聞いてくださって。そのすぐあとには歌を歌われていました。僕が印象に残っているのは、去年からずっと「人間は生まれてから死に向かって生きていくから、けがや病気は途中経過。だから俺はどんな大ケガをしても前に行くんだ」と。そういうことをおっしゃっていました。

安藤優子:
だから、ケガをされてもそれを押して出られたんですね。山田さんは、きょうの訃報はどのようなタイミングでお聞きになりましたか?

山田雅人さん:
本当に急に飛び込んできて、言葉が出なくて…。この番組からお誘いいただいて、どうしようかと思っていたので、すぐに事務所の社長さんに連絡とりまして。そうしたら「出てください」「とにかく梅宮さんのことを話してほしい」と。そして、こちらにお邪魔させていただいています。

2018年には大量の私物を整理していた

大村正樹フィールドキャスター:
梅宮さんは2018年、アンナさんが生まれてからずっと暮らしていた渋谷区の自宅マンションと船を売却されています。マンションから引っ越す時に処分した荷物の量はトラック15台分。生前整理かというような勢いで捨てられたんです。

安藤優子:
山田さんにはどのように話されていましたか?ご自分の大事なものも整理したこと。このあたりはどのような決断だったんでしょうか?

山田雅人さん:
梅宮さんには優先順位がありまして、ずっとおっしゃっていたのは「家族」。自分にもしものことが起きた時、どうすれば家族が楽になるか。僕にも「家族だけは大事にしろよ」っていうのが口癖でした。

安藤優子:
では、この生前整理も家族が後に困らないようにと考えてのことだったのかもしれませんね。

安藤優子:
やっぱり梅宮さんは、“銀幕のスター”ですよね。克実さんはどのようなイメージを持ってますか?

高橋克実:
僕は、世代的に梅宮さんは『前略おふくろ様』で最初に見て。その何十年か後に、『拝啓、父上様』というのがやるんですけど、その時に僕はご一緒させていただきました。僕が高校生の時に見ていた『前略おふくろ様』で、梅宮さんはヒデさんという影のある役を演じられたんですけど、背中だけでお芝居されるというか…。板前さんで、ただ築地を自転車で通り過ぎていくだけでめちゃくちゃかっこよくって。それが一番最初です。それから「仁義なき戦い」とか、いろんなものを映画館で観ました。とにかく梅宮さんは存在感がすごいんですよ。画角の中で、しゃべってなくてもそこに目がいくんです。

山田雅人さん:
梅宮さんは取材でも、しゃべる速度がそんなに早くないし、多くは語らないんです。だから取材すると平気で3時間とか4時間とかかかるんですけど、休憩なしでずっと僕に話してくださいました。

安藤優子:
思いが深い分、そんなに簡単に言葉にされないのかもしれませんね。そういう思いを抱えながら演技される、だからこそ背中一つでも語れるんじゃないかなと思いました。

山田雅人さん:
僕が忘れられないのは、若い時に芸能界は憧れだったんですって。今は時代が変わったと。「もう一度自分が現役の間に憧れの芸能界に戻したい、そういう作品に出たい。それが今の夢だ」とおっしゃっていました。

安藤優子:
なるほど。今の芸能人はある意味、見ている側と同じ目線にいますけど、梅宮さんの時代は…

山田雅人さん:
手の届かないところにいるのが銀幕のスターだったらしいんです。「若い人たちの手の届かない俳優を、もう一回僕は目指すんだ」とおっしゃっていました。

宮澤智アナウンサー:
私はバラエティー番組で活躍されている姿が印象的で。大スターだったのに体を張って笑いを取られていたりとか、私は親しみを持って見ていました。

大村正樹フィールドキャスター:
梅宮さんは昭和の名優ですが、それでいて私たちのような(取材する側の)番組の人間にも分け隔てなく接してくださいました。おそらく芸能取材する者はみんな梅宮さんのことが大好きだったと思います。『くいしん坊!万才』のスタッフによると、この番組はかつて週5回放送されていたので、1回のロケで5本分撮っていたんですって。それでも梅宮さんはしっかり作ってくれた手前、全部食べるんだと。だから一日で相当満腹になるんですけど、その分動き回ったり荷物持ってくれたり…。やっぱり梅宮さんのロケは楽しかったと言うスタッフが、大勢いらっしゃったそうです。

田村勇人弁護士:
VTRを見て、梅宮さんの人生は他人から見ると本当に幸せそうだなと思ったんですが…。その理由が、ご本人の人徳にあるということが分かりました。

安藤優子:
山田さんからお話をうかがって、梅宮さんはご自身の命の限りをなんとなく認識されていたのかなという感じを受けましたが、どうでしょうか。

山田雅人さん:
2018年の語りの前に「もう全部お前に話したから、この後も何かあった時はお前が語り継いでくれ」と梅宮さんから言葉をいただきました。今考えると、安藤さんのおっしゃる通りかもしれません。

(「直撃LIVE グッディ!」12月12日放送分より)

【関連動画】梅宮辰夫さん 慢性腎不全で死去 自宅で容体急変