災害時インフラ最新情報

拾ったスマホで彼氏になりすまし少女誘拐!大金奪われた例も…スマホ無くした時に真っ先にすべきことは?

カテゴリ:国内

  • 拾ったスマホで彼氏になりすまし少女を誘拐した疑いで男を逮捕
  • ロック機能使う場合にも注意必要
  • スマホを無くしたら、すぐに遠隔操作で画面ロックを!

拾ったスマートフォンで彼氏になりすまし…

拾ったスマートフォンを使って交際相手になりすまし、10代の少女を誘拐したなどの疑いで、大阪・大東市に住む建設作業員の前田喜広容疑者(42)が逮捕された。

警察によると、前田容疑者は12月9日の午後6時ごろに大阪市内のコンビニエンスストアのトイレでスマートフォンを拾い、そのまま持ち去った。

スマートフォンは20代の男性が置き忘れたもので、ロックがかかっていない状態だったという。

前田容疑者がスマートフォンを拾ってから約4時間後の午後11時ごろ、スマートフォンの持ち主である男性と交際する10代の少女から「家に行っても良い?」とメッセージを送られてきた。

前田容疑者は、「良いよ。おいで」「友達の家だけど、そこにいるから」と交際相手になりすまして返信。「友達の家」と偽って、自分の自宅住所を知らせた。

このメッセージを交際相手からの返信と信じた少女はタクシーを使って、前田容疑者のマンションへ向かった。前田容疑者は交際相手の友人のふりをして、少女に「彼氏はすぐ戻る」と言って、12月10日の午前4時半ごろまで自宅に引き留めたという。

しかし、少女のもとに知人から「あなたの彼氏のスマホが乗っ取られている」と連絡があったことから少女は騙されていることに気付き、自力で逃げ出したという。

調べに対し前田容疑者は、「太ももを触った」と話して容疑を認めるとともに、「女の子が来ればわいせつなことができるかもと思った」という趣旨の供述をしているという。

なくしたスマートフォンを悪用され、誘拐にまで発展した今回の事件。

KDDIのアンケート調査で今までにスマートフォンを無くしたことがあると答えたのは約3人に1人となる31%。
なくした場所は、電車やタクシーなど交通機関や飲食店が多く、宴会シーズンの12月は特に注意が必要だという。

ロックをかけていなかったため70万円超を奪われる

さらに、もうひとつ注意すべき点がスマートフォンのロック機能だ。

今回の事件ではスマートフォンにロックがかかっていなかったことが、なりすましを招いてしまった。街の人にスマートフォンのロック機能を使っているか聞いてみると…

男性:
スマートフォンにロックは かけてないですね。番号を打つのがめんどくさいし、パスワードを外せなかったら終わりなので。

スマートフォンにロックをかけないという人もおり、中にはスマートフォンにロックをかけていなかったために、大金を奪われてしまったという男性がいた。

スマホ紛失で金銭被害を受けた男性:
クレジットカードを限度額いっぱいまで使われていて…限度額は50万円ですね。

スマートフォンの通話機能は止めたものの、クレジット機能を止め忘れて、50万円を使い込まれたという。

スマートフォンのパスワードについては…

スマホ紛失で金銭被害を受けた男性:
手間なんで、パスワードはスマートフォンに直接保存する設定をしておりました。

さらに銀行口座のスマートフォンの決済機能も悪用されて20万円使われ、被害総額は70万円以上に及ぶという。こうした被害を受けたことについて男性は…

スマホ紛失で金銭被害を受けた男性:
スマートフォンのロックは必ずする。財布と同じように、大事にしておくべきだと改めて認識しました。

ロック機能を使う際に注意すべきことは

スマートフォンのロック機能を使っている人は…

女性:
暗証番号と顔認証でやっています

女性 :
アルファベットの10文字にしてて。もう絶対に誰も解けないです。

指でパターンをなぞるロックや、数字などのパスワードロック、指紋認証などをかけている人がほとんどだった。
しかし、専門家はロック機能も万全ではないと指摘する。

ITジャーナリスト 三上洋氏:
端末ロックのパスコードが単純だった場合も危険です。
「ショルダーハッキング」と言って、肩越しに誰かに見られたらすぐに覚えられてしまうという欠点があります。

通常使われているロックを第3者が解除し、情報を抜き出すことは可能だという。

スマートフォンをなくしたら最初にすべきこと

スマートフォンをなくしたら、すぐに行うべきなのは遠隔操作での画面ロック

パソコンなどからの遠隔操作で「見つけた方はご連絡をお願いします」などの文章を画面に表示し、指定先への通話以外、スマートフォンの操作をできなくするというもの。その一方で、どの電話からでもなくしたスマートフォンにかけることは可能だという。

ほかにも、スマートフォンの現在地を探す位置探索や、着信音を鳴らす、データを初期化するといった機能もある。(iPhone、Android端末)

また、電池が切れた場合には最後に電波が通じた場所を教えてくれるサービスもあるという。(大手キャリア3社 ※一部端末は不可)

それでも、スマートフォンを落とすことは大きなリスクにつながると専門家は指摘する。

ITジャーナリスト 三上洋氏
第三者がSNSのやりとりを見てしまえば、どんな会話をすれば (持ち主の)まねが出来るのかわかってしまう。
見ている側もそれを信じてしまう、と言うことがあると思います。

三上さんによると、スマートフォンを無くしてもIDとパスワードがないと遠隔操作が出来ないので、人に見つからないようにメモをして持っておくとよいということだ。さらに遠隔操作のテストをすることも重要だという。

(「めざましテレビ」12月12日放送分より)

【関連記事】拾ったスマホで彼氏になりすまし自宅に誘い「太もも触る」…少女誘拐の疑いで42才の男逮捕
【関連動画】拾ったスマホで「彼氏」なりすまし 少女誘拐してわいせつ行為 大阪の42歳男を逮捕