災害時インフラ最新情報

中古品査定に営業スマイル測定・・・AI導入で変わる職場 効果はどれほど?

カテゴリ:国内

  • 大手家電量販店の「エディオン」が中古スマホの査定にいAIを導入
  • AIが人の顔を検知して「笑顔度」を判定してくれる
  • 人の顔をAIが解析し、人事評価に活用する会社も!

AIがスマートフォンを自動査定

家電量販店のエディオンが、AIによる中古のスマートフォン自動査定を行う装置を設置した。
この装置、バッテリー容量や修理履歴、さらにキズや汚れまでAIが判定してくれるというものだ。

「エディオン」モザイクモール港北店携帯担当 戸枝光規さん:
今までは人が査定を行っていて、15分ほどお時間をいただいていたのですが、最短で2~3分で査定ができるようになりました。

いま、AIの導入で、業務の効率化などを図る職場が、続々と増えている。
今回の「ココ調」では、AIで変わる職場を調査する。

笑顔度をAIが判定

まずは、埼玉県羽生市にある自動車教習所に向かった取材班。
働く皆さんはどんなAIを活用しているのか。

午前8時前に、1人の女性が出社し、タブレットににっこり笑っている。つづいて、男性教官もニッコリ。
なぜか皆さん、タブレットに満面の笑顔を向けている。
一体なぜなのだろうか?
実はこのタブレットはAI搭載の笑顔測定器で、リアルタイムで笑顔度を100点満点で自動測定してくれる「スマイルスキャン」という装置。
この自動車教習所では、客と笑顔で接するための練習に使用しているという。

職員:
朝は笑顔を作るのって難しいのですが、結構目も覚めますし、顔を作ることによって、1日頑張ろうという気にもなります。
また、お客さんにも笑顔で接しようという気持ちになります。

ここでは、毎日、朝礼で笑顔のランキング上位者の発表を行っている。今回は3人が100点満点の“ベストスマイル”だった。

実際に教習の様子をチェックしてみると、受講者に対し「よく勉強してますね、すごいね」など声をかけ、さわやかな笑顔で運転の指導をしている。

受講者:
すごい明るくて聞きやすい。楽しくできました。

職員:
免許を持たれない方が路上で走ると緊張されると思うので、できるだけ本人の実力が出しやすい雰囲気づくりを心がけたりします。

この装置、笑顔力アップのため、接客業など全国250社以上で導入されているという。

わずか30秒のAI解析でその人の特徴をデータ化

次に取材班が向かったのは、創業60年を超える横浜の総合商社「京浜商事」。
この会社が7月に導入したAIとは、わずか30秒間で人の表情から感情を解析する「A-SYSTEM」。

人は神経伝達の際に、肌が振動して、それらの中に喜び悲しみ怒りなど、さまざまな種類の振動があるという。
それらの振動をAIが解析し、「ストレス」「責任感」「行動力」などの10以上の項目にデータ化。

解析に協力してくれた女性の診断結果は「攻撃性がやや高いレベルにあり注意が必要です」。

AIの解析を受けた女性:
(自分では)攻撃性は高くないと思っています。ただ、お酒を飲むと、もしかしたらそういう一面もあるかもしれないですね。

「京浜商事」では、AIによる解析を、主に人事評価などの客観的データとして活用しているという。

過去には、普段から成績優秀で悩みなどはなさそうに見えた男性社員に対して、AIは安定性に欠けると判定。
面談してみると、私生活で悩みを抱えていたことが分かり、問題の解決につながったケースもあるという。

「京浜商事」執行役員 今成勉さん:
AIというのは心のMRIみたいなもので、人間の目で見て、AIのデータと合わせて見て、よりよい良い職場環境や人間関係で作れるんじゃないかなと思います。

この「A-SYSTEM」は、スポーツの現場でも活用されている。

「Y.S.C.C.横浜フットサル」メンタルトレーナー 小泉隆裕さん:
客観的なデータをもとに、選手にどういうメンタル面のトレーニングをさせるか、という場面で活用しています。

練習や試合ごとにAIを活用し、自分で気づきにくい内面などを把握することにより、パフォーマンスの向上につながっているという。

ドライブレコーダーの動画をAIが分析

東京都の品川区役所でも、10月から23区で初めてAIを使った道路点検を導入。

道路課長 多並知広さん:
ドライブレコーダーが撮った動画をAIで解析することにより、ひび割れなどを探すシステムです。

ドライブレコーダーによる動画撮影を終え、区役所内でAI解析してみると・・・

黄色の部分は「経過観察」、赤色は「要調査」とひび割れを段階別に表示している。
赤色だった場所を実際に確認してみると、道路の表面は大きくひび割れていた。

道路課長 多並知広さん:
今までは、どちらかと言うと目で見て判断するという事が多かったのですが、経験が必要だった。
誰でもできるという事で考えれば、より正確な道路の診断につながると思っているところです。

(「めざましテレビ」『ココ調』12月13日放送分より)

(「めざましテレビ」特設サイトでは、「今日のココ調」など人気コーナーのコンテンツが無料で楽しめます!特設サイトはこちら