災害時インフラ最新情報

【独占密着】総額60億円、2作品をお買い上げ! なぜ、前澤友作はアートを購入するのか

  • 各分野のプロ集団「チームMZ」が前澤友作を公私にわたりサポート
  • アートオークションで約40分の間に2作品、総額60億円を使う
  • 「お金を使うほど良い体験ができる」前澤友作のお金との向き合い方

突然のZOZO社長退任劇や女優・剛力彩芽さんとの破局報道、1億円お年玉企画など、2019年の世間を賑わせたZOZO前社長の前澤友作さん。

12月5日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、そんな前澤さんにMCの坂上忍が直撃。坂上がMCを務める「バイキング」でもたくさん取り上げられたことで、坂上さん自身に興味を持っていたという前澤さん。
まずは、前澤さんのプライベートについて。ニューヨークでのアートオークションに独占密着した。

出張はプライベートジェットで!

前澤さんといえば2017年にアメリカの画家、バスキアの作品を123億円で落札して大きな話題に。数々の作品を所有するほど大のアート好きで知られる。

プライベートジェットでニューヨークへと向かった前澤さん。フライト15分前に成田空港に到着したが、一般客と一切会うことなく、すぐに出発できるのがプライベートジェットのメリット。

前澤さん所有のプライベートジェットの値段は50億円。3年前に購入し、国内外問わず、出張はすべてプライベートジェット。月に2回は利用しているという。

14人乗りでファーストクラスのような座席はすべて革張り。乗り込むとすぐに、Tシャツ、短パンに着替えてリラックスし、スタッフと大好きなワインで乾杯。この時の夕食は「鶏足の甘辛煮」。中華の鉄人、脇屋友詞さんがオーナーシェフを務める名店「Wakiya」の特別機内食。

ゆっくりと夕食を取りながらスケジュールの確認。それを終えるとカラオケがスタート。思いっきり歌ってお腹が空いたのか、夜食にカップ麺を堪能。王道から新作まで、テーブルに並ぶ数も規格外だ。

今回のニューヨーク往復のフライトでかかる費用は1000万円。しかし、前澤さんは「例えば、ファーストクラスでハワイに行くとすると100万円。シーズンによっては200万円かかりますら、10人で行けば2000万円。プライベートジェットの方が安いときもある」と前澤さんならではの考えを示した。

約15時間のフライト(給油時間含む)を終え、ほぼ寝ずにニューヨークへ到着。飛行機が大の苦手だという坂上に、前澤さんは「揺れないですよ。風の抵抗がない。(一般の飛行機より)ちょっと上の方を飛ぶので、揺れないんです」と話した。

アートオークションに独占密着

ニューヨークへ到着すると、まず、世界的に有名なオークションハウス「クリスティーズ」へ。

2017年にレオナルド・ダ・ヴィンチの作品が史上最高額の約500億円で落札され、大きな話題となったオークション会の名門だ。

次に行われるオークションで出品される作品が飾られている部屋を歩く前澤さん。その中からどれを買うのか、いくらで競り落とすのか、作戦を練る上で非常に重要な場所だ。「出品される全ての作品がここに集まって、1点1点キャプションが付いていて、作家の名前、いつの作品、予想落札価格が書かれているんです。そういうのを見ながら、自分だったらどれに入札するかなって品定めする」と話す。

「僕はどんどん見ていくタイプなので、ざっと見ていきます」と前澤さんは語るが、ここから駆け引きが始まっているため、周囲に狙いのアートが悟られないよう、気になる作品をあえて素通りすることも。

そんなVTRを見ながら坂上は前澤さんに会場に展示されていたピカソの魅力について質問。すると、前澤さんは「印象派から現代アートに変わるちょうど間くらいの方で、(会場にあったのは)1948年のもの。写実的な風景とか、人物画ならモデルを置いてその通りに描いていた時代から、なんだかわからない抽象画にどんどんなっていく。その変革の時代に、革命的な作品を残した人だから、世界から注目されるんです」と語る。

また、前澤さんは「(作品の)年代が重要で、作家の若い頃のものなのか、晩年のものなのか。要はその作家さんがその頃にどんなことを想像しながら、どんな生き方をしてその作品を作ったのか、みたいなところを考えながら買うと面白いですね」と笑顔を見せた。

わずか1時間ほどで作品をチェックした前澤さんは、次の目的地へ。そこは、ニューヨークに本社を構える世界最大級のオークションハウス「サザビーズ」。

そこで、前澤さんが興味を示したのが、抽象画の第一人者と言われる、クリフォード・スティルの1946年の作品。自分の作品が世の中で売買されることを嫌ったため、あまり市場に出回らないため希少価値がある作品だ。

続いてやってきたのは、世界的超人気アーティスト、カウズ氏のギャラリー。彼がユニクロとコラボしてデザインしたTシャツは即完売。さまざまなキャラクターの目にバツ印を入れるのが特徴なのだが、ここで彼の大ファンだという前澤さんの手にカウズ氏本人がトレードマークのバツ印を描くというサプライズ。これには前澤さんも「カウズ直筆、洗えない」と大興奮の様子だった。

このようにアートが好きなことがきっかけで交流が広がっていき、ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオやサッカー界の貴公子、デビッド・ベッカムらと交流があるという。

また、今回のニューヨーク出張には、「チームMZ(前澤)」と呼ばれる、前澤さんに抜擢された各ジャンルのプロフェッショナルが同行している。アートの情報を提供する「アートのプロ」、食事の管理をする「食のプロ」、プロモーション戦略を考える「広報のプロ」など、前澤さんを公私にわたりサポートしているチームだ。

こうしたチームの存在に驚きを隠せない坂上。前澤さんは「趣味も多い。特に今は新しいことをやろうとしているので、自分も勉強しなきゃいけないけど、一人じゃ回らない。なので、僕の身の回りに今30人くらいプロフェッショナルなスタッフがいる。 (メンバーは)求人採用するときもありますし、声を掛けて見つけるときもあります」と話した。

オークションで合計60億円、2作品を購入

ついに迎えたオークション当日。ニューヨークにいると思いきや、前澤さんは日本からオークションに参加するという。というのもオークションの様子はインターネットで世界同時配信されているため、現地に行かなくても誰でも見ることができるのだ。

前澤さんはその中継を見ながら遠隔でオークションに参加。会場にいる代理人の女性に指示を出し、入札していくというシステム。ちなみに、たびたび前澤さんの代わりに参加するため、代理人の女性はオークション界ではすっかり有名人だという。

会場には世界中の富豪の代理人が参加し、今回は51の作品がオークションにかけられる。

そんな中、前澤さんはクリスフォード・スティルの作品に狙いを定める。気になる予想落札価格は、13億2000万円から19億8000万円。しかし、代理人から競合が多くいるという情報が入ると「追いかけすぎないようにしようか」とまずは慎重に進める作戦に。

日本円で約10億円からスタートし、前澤さんが様子を見ていると、序盤からハイペースで値段が上がっていき、あっという間に13億円を突破。それでもまだ動きを見せない前澤さん。さらに金額が上がっていく中、残り3人になったところで前澤さんが動く。

世界の富豪を相手にデッドヒートを繰り広げ、お互い全く引かない状況に金額はどんどん上がり、22億円を突破。相手の入札に間を開けずにすぐ返し、相手も前澤さんの入札にすかさず入札する…そんな“神経戦”を繰り広げた結果、見事前澤さんが落札。その落札価格は、予想落札価格を大きく上回る23億2100万円、手数料3億5100万円が加わり、最終的に約27億円でお買い上げ。

これで終わりと思いきや、「欲しくなってきた!」と2作品目に突入。次に狙った作品は、20世紀を代表する抽象表現主義画家、ウィレム・デ・クーニングが1977年に描いた作品。予想落札価格は、27億5000万円から38億5000万円。

前から前澤さんが手に入れたいと思っていた作品なのだが、思いのほか値が上がっていないのを見て、勝負に出たという。

そして2作品目の勝負にも競り勝った前澤さん。その落札価格は、総額約33億円。今回オークションに出品された51作品の中で最高落札額となった。

今回のオークションで前澤さんは、約40分の間に、2作品を購入、合計60億円使った。

きっかけは2億円の絵…前澤流「お金との向き合い方」

それにしても、なぜ前澤さんはアートに大金をつぎ込むのか。その理由を「シンプルに言えば、好きだから。とにかく白い壁を見ると、何か掛けたくなっちゃいます。それだけ生活が彩り豊かになるし、常に癒やされるし、逆に刺激をもらうときもあるし」と明かす。

坂上から「子どもの頃から絵が好きだったのか」と聞かれると、「そんなことはないです」と否定し、「本当にハマったのは30歳くらい。一枚、大きなお金を投資して買ってみたんです。最初はその絵を会社に掛けてみたら、社内の空気も変わるし、毎朝出勤したときの自分の感情も高ぶるし、絵ってすごい力強いんだということを、その一枚の絵をきっかけに感じて、そこからハマりました」と話した。

アートを好きになるきっかけを与えたのはわずか30歳にして買った2億円の絵だった。

そんな前澤さんの「お金との向き合い方」について坂上が質問。

「(事業に支障を来すようなところまでは)ツッコまない。ただ、貯金がすっからかんになるぐらいは、それこそ中学生くらいからそういった使い方をしていました。お年玉をもらったら、全部使うタイプ。貯金しない。父親も普通のサラリーマンですし、全然ギャンブラーでもないし、派手な生活をしているわけでもない。だけど、未知のものを買いたくなります。

今まで買ったことのない、だけどなんとなく、いろいろな本やテレビで見たモノ、自分の限界まで使って、何か体験できて、何が買えるんだというところに投資しちゃう。自分の体感として、使えば使うほど良い体験ができます。

いろいろな出会いもあり、商売人かつ経営者としてもいい刺激になる。そこからいろんな新しいアイデアも生まれるし、人脈もふくらむし、それが自分の本業にとってもメリットになるシーンが結構あった」


(「直撃!シンソウ坂上」毎週木曜 夜9:00~9:54)

【独占告白】剛力彩芽との破局語る…ZOZO社長を退任した前澤友作が次にやりたいこと