災害時インフラ最新情報

沢尻エリカ容疑者 尿鑑定は“シロ” 捜査に影響は? MDMA所持容疑で逮捕

カテゴリ:国内

  • 尿鑑定「陰性」で薬物使用での立件は困難に
  • 薬物”所持”での立件にも影響する可能性も
  • 残る毛髪検査での薬物使用鑑定の欠点とは…

尿鑑定“シロ”で薬物使用での立件は困難に

合成麻薬MDMAの所持容疑で女優の沢尻エリカ容疑者(33)が逮捕された事件で、警視庁による鑑定の結果、沢尻容疑者の尿からは、違法薬物の反応が全く出なかったことがわかった。

一方、沢尻容疑者の弁護団に、若手の「無罪請負人」として知られる河津博史弁護士が加わったことが、FNNの取材でわかった。河津弁護士は、郵便不正事件で、厚生労働省の村木厚子元事務次官の無罪を勝ち取ったほか、日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の主任弁護士も務めている。

尿鑑定の結果、薬物反応が出なかったことで、今後、沢尻容疑者の捜査にどんな影響があるのだろうか?

まず、沢尻容疑者は「10年ほど前から薬物を使用していた」と供述しているが、尿鑑定が陰性だったことにより、薬物の”使用”の罪については、立件が困難になる。

薬物の使用を裏付ける鑑定としては毛髪鑑定もあり、常習者の場合、1ヵ月以上反応が出る場合がある。

ただ、毛髪鑑定の場合は使用した時期の特定が難しく、それだけで”使用”を裏付ける証拠としては不十分になることもある。

薬物”所持”での立件にも影響する可能性

また、今回の尿鑑定の結果で、今後、薬物”所持”の捜査にも影響が出る恐れがある。

フジテレビ社会部の平松秀敏デスクによると、今回のMDMAの所持は0.09グラムと微量で、使用が裏付けられない場合、仮に、今後沢尻容疑者が否認に転じたとすると本人の物だったことの立証が困難になる可能性があると指摘している。

このため警視庁は、今後の捜査で沢尻容疑者がいつどこで薬物を使用したのかを具体的に裏付ける必要が出てくる。

(Live News days 11月20日放送分より)