災害時インフラ最新情報

沢尻エリカ容疑者 「有名人逮捕の度に、私も危ないんじゃないか」10年前から様々の薬物使用か 

カテゴリ:国内

  • MDMAを所持していた疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者
  • 逮捕のきっかけは“タレコミ”…逮捕直前にはクラブでハイテンションな姿
  • 「有名人の逮捕、私も危ないんじゃないかと思っていた」との供述も

“タレコミ”あったクラブに…逮捕直前の様子

合成麻薬MDMAを所持していた疑いで逮捕された、沢尻エリカ容疑者(33)。
警視庁の調べなどにより、10年以上前から数種類の薬物に手を染めていたことが明らかになった。

沢尻容疑者はどのようにして逮捕されるに至ったのか。
そのきっかけは、約1ヵ月前に警視庁に寄せられた情報提供、いわゆる“タレコミ”だった。

「沢尻エリカが違法薬物を所持している。クラブで使ったり、受け取っていた」

この情報を受け、警視庁は内偵を開始。
11月15日に東京・渋谷区にあるクラブに沢尻容疑者が来店するという情報を掴んだという。

15日、スパンコールのついた黒いドレスに身を包み、警視庁の見立て通り渋谷のクラブに現れた沢尻容疑者。
VIPルームで客と酒を飲みながら踊り、さらには男性らしき人物と抱き合う姿も目撃されたが、以前このクラブで働いていた人は沢尻容疑者のこのような“ハイテンションな姿”をたびたび目撃していたという。

沢尻容疑者が通っていたクラブの元従業員:
高い声で「ワーワー」「キャーキャー」、結構楽しそうに騒いでいるのは見かけたことがあるんで。羽目を外すとにぎやかな人になるのかなって、結構衝撃的でした。「こんなに人変わるんだ」っていうイメージを持ちました。


日付が変わった16日朝、沢尻容疑者は帰宅。
その後午前8時43分、家宅捜索に入った捜査員が2階にある沢尻容疑者の部屋の捜索を始めると、自ら「ここにあります。MDMAです」と話し出したという。

申し出のとおり、棚に置かれていた手のひらサイズのアクセサリーケースの中からカプセルに入ったMDMAの粉末約0.09gを発見。カプセルは中敷きの下に隠すようにしまってあったという。

「有名人の逮捕、私も危ないんじゃないか」

“パーティードラッグ”とも呼ばれるMDMA。
この薬物について、元厚労省・麻薬取締部の牧野由紀子氏は「お酒と一緒に飲んだりするので、気分が高揚して感覚が敏感になり、体温・血圧が上がったりして体調を崩し、死亡する」と解説する。

沢尻容疑者は所持していたMDMAについて「数週間前にイベントで貰った」とし、他にも大麻やLSD、コカインなど様々な薬物に10年以上前から手を染めていたと供述しているという。

「別に…」の発言で世間からバッシングを受けたのが、今から12年前。
10年前の2009年には映像クリエーターと結婚する一方、当時の所属事務所から「重大な契約違反があった」として契約を打ち切られていた。
また、2011年には“大麻使用疑惑”が一部メディアで報じられたが、「事実無根です」ときっぱり否定していた。

沢尻容疑者はこのころから薬物を使用していたのだろうか。

2018年に受けた「めざましテレビ」のインタビューでは、自らの成長について「人の気持ちを理解できるようになった」と語っていた沢尻容疑者。
警察庁の調べに対し、「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと注意していました。家族や仕事の関係者に大変申し訳なく思っている」と話しているという。

供述から“常習性疑い”…量刑はどうなる?

佐々木かをり氏:
この文脈からだと「薬物が危険だから使わないように」ということではなくて「ばれないように気をつけていました」というふうにしか読めないかなと思って…危険なものだと思っていなかったんですかね。

加藤綾子キャスター:
ちょっと罪の意識のなさみたいなものを感じますよね。
気になるのが、どんな量刑になるのかというところです。いくつもの薬物を使用していたということで、その分量刑が重くなることはあるのでしょうか。

若狭勝弁護士によると、沢尻容疑者のように初犯で1g未満の所持の場合、一般的には懲役1年6ヵ月・執行猶予3年の罪に問われる可能性が高いという。
しかし「10年以上前から複数の薬物を使用していた」と供述していることから、常習性が疑われるということで執行猶予が延びる可能性があるという。


佐々木かをり氏:
そもそもこれは“パーティードラッグ”とか“セックスドラッグ”とか、名前が少し軽くて、危険度を感じないようなものですね。それから(錠剤が)ピンク色などでとてもかわいらしく、入手しやすい・気軽に口に入れてしまうものかなと思いました。

フジテレビ・風間晋解説委員:
10年以上のドラッグとの生活というのに、後ろめたさを感じないですよねこの人の場合。供述内容の「私も注意していました」というあたりにも「自分は今までうまくやってきていたし、これからも自分だったらうまくやれる」みたいな、世間をなめているような感じがしちゃいますよね。

加藤綾子キャスター:
現時点では「やめられなくて悩んでいた」というよりは「うまく隠して続けていこう」というような気持ちがうかがえるようなコメントでしたからね。


(「Live News it!」11月18日放送分より)