災害時インフラ最新情報

ロボット店員に初登場ショップも リニューアルオープンする渋谷PARCOの次世代型サービスを独自取材 

カテゴリ:国内

  • 11月22日にリニューアルオープンする渋谷PARCO
  • 渋谷PARCOの次世代ポイントを「めざましテレビ」が独占初公開
  • ARや自動採寸など最新技術が盛りだくさん

11月22日に渋谷PARCOがリニューアルオープン

1973年にオープン、DCブームや渋カジなど若者ファッションの流行を発信してきた渋谷PARCOが、約3年の建て替え工事を終え、11月22日にリニューアルオープンする。

リニューアルした渋谷PARCOがあるのは、JR渋谷駅から公園通りを約5分歩いたおなじみの場所だが、外観は大きく様変わりしている。

新たな渋谷PARCOのテーマは「次世代型の商業施設」。
リニューアル後の“次世代ポイント”を、「めざましテレビ」が独占初公開する。

リニューアルされた渋谷PARCOを「めざましテレビ」が独自取材

18階建てでのビルの地下1階から地上10階までが渋谷PARCOの店舗だ。
1階は「GUCCI」や「LOEWE」といった一流ブランドやコスメショップなど25店舗が並ぶフロア。
店内では、次世代型サービスとして自走式のロボット店員temiがお客さんの顔を認識してショッピングのサポートをしてくれるという。

2階は、「A.P.C.」や「2G」など、世界的に人気のファッションブランドが並ぶフロア。
アウトドアブランドの「THE NORTH FACE LAB」には世界初という次世代型のサービスが!

THE NORTH FACE LAB」ディレクター・大坪岳人さん:
自動採寸を使ってお客様の最適な一着を作る世界初のサービスです。

スタッフが小部屋に入ると、20台のカメラが360度全方向から対象物との距離を測ることで、その人物の詳細なサイズが表示される。
測定されたバストのサイズは「89.2370178226562」という非常に詳細なもの。
着用する人の体型にフィットした、世界でたったひとつのアウトドアウェアがオーダー可能だ。

3階は、古着やストリートファッションなどのブランドが並ぶフロア。
そして、4階は「SNIDEL」や「emmi」など、いま流行のレディースファッションが中心のフロアだ。
また、ここでは使用しなくなった衣服や靴を修理・クリーニング、さらに買い取ってもらうこともできる。
新品の販売だけでなく、地球環境に配慮するサスティナルブに取り組んでいるのも次世代型と言えるだろう。

続いて、5階はスマホでQRコードを読み込めばエスカレーターホールでARを体験できるなど、最新テクノロジーが活用されたフロア。

また、メガネ業界最大手「JINS」の店舗では、普段、メガネを使用している人が別のメガネを試着すると、度が合わず確認しづらいという難点を解決する、世界初の技術が。
自分のメガネをかけたまま、別のメガネの試着ができるのだ。

6階には、日本が世界に誇るキャラクターショップが2つ。

まずは日本初登場の任天堂のオフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」。
そして、「ポケモンセンター」は最新技術を駆使した国内最大級のポケモンショップだ。

また、8階には座席数が増えたパルコ劇場があり、10階の屋上庭園からは渋谷の街が一望できる。

グルメも大充実!

そして、リニューアルされた渋谷PARCOには、地下1階と7階に飲食店が充実している。
中でも、注目は地下1階にある「極味や」。
福岡で1日中行列が絶えない生ハンバーグの人気店が関東初出店した。

カウンターには鉄板が設置されていて、焼き方も量も自分の好みに合わせて食べるスタイルだ。
九州産和牛と国産牛を玉ねぎなどのつなぎを使わずに仕上げた、お肉本来の味が楽しめる一品を味わうことできる。

最新技術や魅力がたっぷりと詰まった「渋谷PARCO」は、22日のオープン予定だ。

(「めざましテレビ」11月18日放送分より)