災害時インフラ最新情報

父は“鶏ガラ”息子は“豚骨”…『秘伝のメンマ』でつながる親子2軒の人気ラーメン店 一番は「父の味」

カテゴリ:地域

  • 名古屋の行列ができるラーメン店...看板メニューは「特上メンマ」
  • こだわりの極太メンマは“両親の名店”から受け継いだ逸品
  • 『秘伝のメンマ』でつながる親子2軒の人気ラーメン店 息子の一番は「父の味」

看板メニューは「特上メンマ」…名古屋の行列ができるラーメン店

行列ができる名古屋の人気ラーメン店。店の一番のこだわりは「親から受け継いだ“宝物”のメンマ」。人気店の一日に密着した。

名古屋市天白区植田。国道153号線沿いの決して人通りが多いとはいえない場所に、行列の絶えないラーメン店がある。その名は、「一陽軒(いちようけん)」。

11席あるカウンターは、いつも満席で、次から次へと人が入る。

看板メニューは「特上メンマ」。

歯ごたえのいいメンマが山盛りで、その下には濃厚かつ、スッキリとした豚骨スープと自家製のモチモチとした中太麺が隠されている。

男性客:
豚骨なんですけど、今まであまり食べたことない感じのタイプなので…メンマもザクザクで、麺がすごいモチモチです

別の男性客:
スープがスッキリと飲める、コクもありながら臭みがない。あっさりしてるのでいいなと

もちろん女性にも人気だ。

女性客:
何ともいえない…濃厚なんですけど、クドくなくておいしいです、すごいホント

一日100食限定…麺は“27センチ” 豚骨スープは“水と骨だけ”で作る

店を切り盛りするのは、主の田中義之さんと、妻の清美さん。夫婦で営むラーメン店だ。

味のこだわりを聞くと…

一陽軒店主・田中義之さん:
自分がこだわった、本当においしいと思うものをお客さんに提供したいという思いです

行列の絶えないラーメン店。この店では、毎朝午前8時からその日に使う麺の仕込みを始める。

強いコシと、モチモチとした食感にこだわって数種類の小麦粉をブレンドして作る。それ以外にも…。

一陽軒店主・田中義之さん:
吸ってちょうど食べやすい、長すぎず短すぎず、27センチにこだわっています。私のなかで女性でも男性でも食べやすい長さが27センチかなと思いまして

長さにもこだわっていて、1日に100食分を仕込むのが限度だ。

自慢のスープは豚骨、一度に45キロもの豚骨を使う。

一陽軒店主・田中義之さん:
うちはもう、水と骨のみで作ってますので。あとは骨から出る、甘みだとか良いところだけを上品に取り出しました。毎日でも食べられる、飽きのこない豚骨ラーメンを作ろうと思いまして。なので余分な脂だとかは一切捨てて、胃にもたれないようなスープを目指して作っています

余分な脂などを使わない分、濃厚なのに後味があっさりとしていて上品。これが女性にも人気の理由だ。

合わせるタレは、北海道産のホタテの貝柱、エビ、魚醤で作ったいわゆる魚介系。豚骨スープと合わせることで、深みのある味わいになる。

しっかりと湯切りした自家製の中太麺をスープに合わせると、ここで店一番のこだわりが登場。

出来上がるまでに約1週間…一番のこだわりは手間をかけた『極太メンマ』

一陽軒店主・田中義之さん:
こちらのメンマになります、当店は極太のメンマを使用していますので、原料から仕入れてここまで作るのに1週間かかる。手間ヒマがすごくかかるので、他ではなかなか食べられないかなと思います

最高級の乾燥メンマを使い、鍋で4時間炊いたら2日間、水に浸けて戻して切り分ける。

その後、さらに2日間、水に浸けてようやく食べやすい柔らかさに。

確かに、相当手間が掛かっていた。実はこのメンマ…。

一陽軒店主・田中義之さん:
私の両親が『好陽軒』というラーメン店で同じメンマを使っていて、そのメンマを受け継いでお客さんに提供しようと思ってやっています

こだわりのメンマは「宝物」…両親が営む“名古屋の名店”から受け継いだ逸品

田中さんの実家は、名古屋市昭和区にある、こちらも人気のラーメン店「好陽軒(こうようけん)」。名古屋のラーメン通の間では、よく知られている名店だ。

看板メニューは、その名もズバリ「メンマ」。

スープは、鶏ガラをベースにしたあっさり味のものだが、メンマは息子さんの店と同じもの。ご両親に話を聞くと…?

好陽軒店主・父親の茂さん:
最初はどうするんだと聞いたら、とりあえず一般的な、ほかで仕入れたもので挑戦してみたいということだったので、だったらそれで勉強していけと。そうしたら2年くらいしてから『壁にぶち当たったから、親父のようなやつをなんとかやってみたい』ということで。うちのやつも試したんですよ、そのまま持って行って食べてみたけど、やっぱりスープに負けちゃうって、メンマが

実は、仕入れ先や仕込み方は教えてもらったが、味付けは豚骨スープに合うように試行錯誤を重ねて変えていた。

出来上がりまでにおよそ1週間近くと、手間は掛かるが、その分“味よし”、“歯ごたえよし”。両親から受け継いだ大事なメンマだ。

一陽軒店主・田中義之さん:
これは父親から譲り受けた宝ですので、誰にも教えることもできない宝物です

いつも行列の「一陽軒」…この日のランチも完売で30分前に閉店

午前11時。店が開くと、次々とお客さんがやってくる。店の前はいつも行列だ。

男性客:
すごいとろみがあるスープで、絡んでおいしいです

女性客:
麺もツルツルでおいしくて、こってり重たくなくて

地元の常連さんはもちろん、その味に惹かれてわざわざ遠方から訪れる人もいる。

男性客:
(岐阜県の)大垣からです、ここのメンマを食べるためにね

やはりメンマは人気のようで、この日もたっぷりと盛られた一杯を注文するお客さんがいた。

男性客:
特上を頼んだらすごく一杯で。おいしいです、メンマも

女性客:
たくさん入っていて、メンマだけでもおいしいです

店一番のこだわりには、次々と注文が。ランチタイム終了の30分前となる午後1時半、スープが売り切れて閉店した。

田中さんは博多と東京のラーメン店で修業を積み、6年前にこの店を開いた。しかし実家は人気ラーメン店。継がなかった理由は…?

一陽軒店主・田中義之さん:
(両親とは)決して仲が悪いわけではなく、すごく仲は良いんですけれども、仕事のことに関しては、お互い我が強かったりする部分もありまして

一方、ご両親に息子さんが店を継がなかったことについて聞くと…。

好陽軒店主・父親の茂さん:
ああやってやり出したことに対しては大賛成で、ただ『大変だぞ』と。でも6年近くになりますけど、一回も疲れたとか、えらいとか、そういう愚痴は聞いたことない。2回食べに行ったんですけど、頑張っているなと。味うんぬんは、違うやり方でやった以上は下手に親が口出す話でもないし、よければ結果が息子に返ってくる。悪ければ息子に返ってくる。もういつでもこれで安心して引退できるなと、最高にありがたい話ですわね

母親の・あや子さん:
息子もどちらかというと頑固ですので、一人でやった方が。寂しいとかそういうのではなくて、いまでは大賛成です

夜の営業もランチと同じく行列…「一陽軒」のメンマ以外の人気の理由

午後6時前、息子・義之さんの一陽軒。夜の開店を待って、外にはすでに行列に…。昼と同じように人が絶えない。実は、味以外にも、この店の人気を支える理由があった。

男性客:
最後に店主と、一緒にいる方が必ず『ありがとうございました』って気持ちよく掛け声を出してくれるので、また来ようかなという感じになります

一陽軒店主・田中義之さんら:
(帰る客に対して…)どうもありがとうございました、またお越しください、お待ちしております

息の合った丁寧な挨拶。実はこれも、両親から受け継いだもの。

好陽軒店主・父親の茂さんと母親のあや子さん:
(声をそろえて)どうもどうも、ありがとうございます、は~いどうも、どうも、ありがとうございました。またど~ぞ

ご両親のあいさつからは、年季を感じる。

『秘伝のメンマ』でつながる親子2軒の人気ラーメン店 息子の一番は「父の味」

一陽軒の午後8時半。閉店時間の9時を前に、スープがなくなり終了。

コクがあるのに、あっさりとしていて上品な豚骨ラーメンに、両親から受け継いだ絶品メンマ。

そして心を込めた接客。これを求めてきょうも多くの人が足を運ぶ。最後に田中さんに一番おいしいと思うラーメンを聞いた。

一陽軒店主・田中義之さん:
父親の作るラーメンは、最高においしいものだと思っていますし、私が幼少の頃から食べているラーメンですので、1番おいしいラーメンは父親の作るラーメンだと思っています

店は継がずとも、『秘伝のメンマ』でつながる親子の人気ラーメン店だ。

(東海テレビ)