災害時インフラ最新情報

世界中の人とダンスでつながる旅路の中で「EXILE」ÜSAが目にしたこと

「EXILE」パフォーマー ÜSA(ウサ)さん

  • 2006年から世界各国を訪れダンスを通じた交流を
  • 飢餓の現状を目にしWFPの公式サポーターとして活動に参加
  • 学校給食は「貧困から抜け出す可能性」を見出すもの

「EXILE」のメンバーÜSAさんは、「ダンスで世界をつなごう」と2006年から世界各国を訪れてダンスを通じた文化交流を行ってきた。

「ダンスという世界共通言語を使って、世界中の人と繋がりたいという思いで旅をして、すごく悲しいこととか苦しいことにも出会って、自分も何かできないかと考えるようになった」とÜSAさんはそのきっかけを明かした。

国連の活動に参加

世界20カ国以上でダンスを通じた国際交流を続ける中、ÜSAさんは飢餓の問題に直面したことで、2018年から国連の食糧支援機関であるWFP(世界食糧計画)の公式サポーターとして活動に参画している。

今年6月にÜSAさんが訪れたのは、WFPが今、最も支援が必要としている地域の一つ、ウガンダ共和国の東北部に位置するカラモジャ地域。

そこで暮らす子どもたちの3割以上が発育阻害(栄養不足により成長が不十分)に苦しみ、水汲みや家畜の世話など、子どもたちは重要な働き手であるため、子どもを学校に行かせない親も少なくなかった。

そこで、WFPはカラモジャのすべての小中学校で、学校給食を朝と昼の2回提供している。

栄養満点のおかゆがお腹を満たし、親たちも「食事が取れるなら」と学校に行かせてくれるようになったという。

ÜSAさんは「学校給食があることによって学ぶことができ、夢が描けるようになって、その子どもたちが将来仕事に就ければ、貧困から抜け出す可能性が見えてくる」と語った。

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html


SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html