災害時インフラ最新情報

ネットに溢れる “闇バイト”「日当10~20万円」「身分証明書提出」その実情を応募者に聞いた

カテゴリ:国内

  • “闇バイト”とは高額報酬をうたい特殊詐欺などをさせる犯罪行為のこと
  • 報酬は「引き出した金額の10%程度」など高額
  • 身分証明書の提出を求められ、逃げると情報を晒される

“闇バイト”とは何なのか

今回、めざましテレビの取材に答えたのは、2019年8月にTwitterでの募集告知を見て、“闇バイト”に応募したという20代の女性・Aさん。

Aさん:
お客さんのキャッシュカードをすり替えて、その後すぐATMに向かって現金を引き出します。指示役から連絡が来ます。

Aさんが応募したのは、ネット上に溢れているこんなツイート。
ブラック案件。日当10~20万円 #闇バイト」 、「大阪で運びあります。平均日当5~10万円 #闇バイト」。
調べると、“闇バイト”の募集告知は実に100件以上見つかった。闇バイトとは、高額報酬をうたい特殊詐欺などをさせる犯罪行為のことだ。

闇バイトに応募した人が指示される内容には、警察を装った電話で「あなたの口座が不正に利用されています」と言ってキャッシュカードなどを騙し取ろうとする掛け子や、騙された人の自宅に向かい、カードを受け取る受け子などがある。
警察庁のデータを見ると、闇バイトなどによる特殊詐欺は年々検挙数が増加している。

Aさんにその後の流れを尋ねると…

Aさん:
「お金に困っているので仕事ください」とツイートしたら、ダイレクトメールがきた。掛け子が(詐欺の)案件を取れたら、お客さんの住所とか本部から送られてくるので、そこに向かう流れです。本部の情報は顔も住所も氏名も知らないので不利です。

本部の連絡先は一切教えられないまま指定された家に向かい、カードをすり替える受け子を行うように指示されたという。

受け子をする際に用意するように指示されたものをAさんに尋ねると…

Aさん:
ビジネスバッグ・スーツ・偽のカード・封筒。あとはマスク・帽子です。内容的にアウトと分かっていたので、かなり不安と恐怖を感じていました。

闇バイトの報酬は?

Aさんは捕まる恐怖はありながらも、金銭的な理由から受け子を引き受けた。しかし、掛け子が詐欺の電話に失敗したことで未遂に終わったと言う。仮に受け子を実行していた場合の報酬額について、Aさんに聞いた。

Aさん:
引き出した額の10%です。

騙し取ったキャッシュカードの引き出し額によって報酬が変わるという、受け子の闇バイト。

2019月11月に詐欺未遂の疑いで逮捕された元女子サッカー選手・井口祥容疑者も「自分は受け子だった」と供述している。
警察官を装って、高齢の男性からキャッシュカードを騙し取ろうとしたものの、警戒中の警察官に職務質問され、緊急逮捕されたものだ。
こうした闇バイトについて専門家は…

詐欺問題に詳しいジャーナリスト多田文明氏:
特殊詐欺自体も年々巧妙化して増えているので、警察も警戒を強めている。闇バイトをしても捕まらない時代じゃないです。

逃げると顔を晒されるリスクも

また、Aさんによると闇バイトにはこんなリスクもあると話す。

A氏:
顔写真のついた身分証1枚を本部に送ります。携帯番号・父親・母親の連絡先・住所、全部聞かれます。

闇バイトを募集するSNSを調べると、多くの募集告知に「身分証明書必須」の文字が多く書かれていた。

身分証明書の提示のリスクについて専門家は…

詐欺問題に詳しいジャーナリスト多田文明氏:
多分、闇バイトの運営側がアップしたものですが、応募した人が逃げたんでしょうね。いわゆる見せしめで身分証明書も顔もさらされています。
逃げられたときに、あなたも加担していたという証拠を残しておくためですね。

Aさんに受け子に応募したその後について聞いてみると…

Aさん:
いまだに「情報公開するぞ」という連絡来ています。入ってから抜け出せないのがこの仕事の恐ろしいところです。

ジャーナリスト多田文明氏によると、他にも闇バイトのリスクとして、相手が半グレ集団の可能性があり、興味本位で話だけ聞くつもりでも、脅迫され拒否できないこともあるそうだ。

(「めざましテレビ」11月7日放送分より)