災害時インフラ最新情報

まさかの大繁殖…生き物を愛される皇后雅子さまの“仰天エピソード”

カテゴリ:国内

  • ご静養先ではトンボが近くに...愛子さまの“生き物好き”は雅子さま譲り
  • そんな雅子さまが小学6年生の時に起こった大騒動とは?
  • 雅子さまの母・優美子さん「本当に大変でございました」

愛子さまの“生き物好き”は雅子さま譲り

2019年8月。栃木・那須町の那須御用邸でご静養をされた、天皇皇后両陛下と愛子さま。
そこで、こんな微笑ましいシーンがありました。

天皇陛下:
あ!トンボが来ましたよ

皇后雅子さま:
あ!好かれている

愛子さまの手に、そっと、トンボが止まったのです。

愛子さまの手にトンボが…

皇后雅子さま:
何トンボですか?

愛子さま:
ミヤマアカネ...

皇后雅子さま:
ミヤマアカネって言うの?

愛子さま:
違う、アキアカネだ

ずいぶんと、トンボにお詳しそうな愛子さま。

記者:
こちらでトンボを捕ったりされるのですか?

愛子さま:
少し、たまに

皇后雅子さま:
たまに?結構よく捕るんじゃない?

愛子さま:
昔は...

皇后雅子さま:
大好きなんです

記者:
そこには皇后さまもご一緒に?

皇后雅子さま:
時には...小さい頃は一緒に捕ったりしましたね

そう、愛子さまの生き物好きは、母の雅子さま譲り。
雅子さまには、小さな頃から生き物にまつわる数々の“仰天エピソード”があるのです。

小学6年生の時の自由研究がまさかの大騒動に

そのひとつを教えてくれたのは、「文藝春秋」の元編集長・白川浩司さん。
今から26年前の1993年、ご婚約が決まった直後に雅子さまの母・優美子さんを取材して直接、聞いた話だと言います。

「文藝春秋」元編集長・白川浩司さん

「文藝春秋」元編集長・白川浩司さん:
そういう方だったんですか...みたいな話ですね。雅子さまという人は、キャリアウーマンで帰国子女で、男勝りみたいな、そういうイメージがちょっと違いましたねみたいな。こっちが一緒になって笑ってしまいましたね

思わず笑ってしまったと言う、そのエピソードとは、雅子さまが小学6年生の時のこと。
当時、生物部だった雅子さまはある日、学校から、3匹の動物を持ち帰ってきました。

預かられたのはハツカネズミ

それは、ハツカネズミ!
自由研究のため、夏休みの間だけ預かるというのです。
雅子さまは早速、用意した漬け物樽に3匹を入れ、お得意だった観察をはじめます。

しかし、余裕だったのは最初だけ。ハツカネズミは、いつしか繁殖をはじめ、まさにネズミ算のごとく増え続けました。気がつけば…なんと50匹に!

そしてある日、雅子さまと母・優美子さんは、信じられない光景を目の当たりにするのです。

50匹のハツカネズミが大脱走!

樽の中から、ひょっこりと顔を出して続々と出てくるネズミたち!

白川浩司さん:
ネズミですから(木製の)樽をかじって、全部一斉に逃げちゃって大騒ぎになったという...

なんと樽をかじって穴を開け、50匹のハツカネズミが大脱走!一時、大騒動に!

(画像は取材に基づく再現)

白川浩司さん:
(母・優美子さんが)保健所に連絡したり大変だったって。そりゃそうでしょうっていう。樽をかじって出るって...まず、漬け物の樽に入れているところからおかしいよね

そんなエピソードを語ってなお、母・優美子さんは、おしとやかだったといいます。

白川浩司さん:
「わはは」とは笑いませんけれど、「本当に大変でございました」と

雅子さまの母・優美子さん

今では、ほほ笑ましい思い出なのかもしれません。

(11月10日午後8時~午後9時54分放送「陛下と雅子さま 知られざる笑顔の物語」より)