災害時インフラ最新情報

スシローが消費税0%の珍事 増税なのに買い物が安くなった!?

カテゴリ:国内

  • 増税初日、スシローやミニストップでシステムエラー
  • 商品により8%と10%が混在で客も混乱
  • ポイント還元制度は2020年6月末で終了

スシローでシステムエラー 消費税0%に

消費税10%がいよいよスタート。
しかし初日からトラブルが相次いだ。

回転ずしチェーンのスシローではシステム障害が発生。一部の店舗で会計する際に消費税がまさかの0%に。
スシローはできるだけ早く復旧に努めたいとしている。

コンビニエンスストア大手のミニストップでも、一時全国の店舗で実際の代金より1円以上高く受け取るなどのシステム障害が発生した。

8%と10%で客も混乱

混乱しているのは店側だけではない。

女性買い物客:
8%だったんであれっ?とおもった。

男性買い物客:
10%だと思っていたのですが、8%で変わってないですね。

いざ始まってみるとやっぱり難しい増税のさまざまな新ルール。
しかし、キャッシュレス決済によるポイント還元率が5%と最も高い、中小企業を取材するとお得な買い物術が見えてきた。

東京都内にある中小のスーパーは、増税後初めての買い物をするお客さんで賑わっていた。

6か月の娘を持つ母親のレシートを見せてもらうと、8%と10%が混在。
110円の缶チューハイにかかる消費税は10%になり、昨日より2円アップ。
一方、食品やノンアルコール飲料は軽減税率が適用され8%に据え置かれていた。

こうした日々の支払いが複雑化する一方で、お得な新制度も10月1日からスタート。
とある店のレジには「PayPay使えます」との表記が。

キャッシュレス決済でのポイント還元。
中小企業の場合は支払額の5%が還元される制度だ。

中小のドラッグストアでも5%が還元される。
ドラッグストアでは、据え置きの食品が多いスーパーとは対照的に、税率10%になった日用品などが多く置かれている。

メイク用のアイライナーを購入した女性の場合、昨日までと比べて合計金額は24円アップ。
しかし、キャッシュレスの5%ポイント還元で昨日よりも42円お得になった。

しかし、このポイント還元制度はあくまでも一時的な措置で2020年6月には終了。

消費税10%の重みを実感するのはこれからだ。

(Live news it! 10月1日放送分より)