災害時インフラ最新情報

空前の“メダカ”ブーム到来! 人気急上昇の理由は「次々に現れる新しいメダカ」!?

カテゴリ:国内

  • 近年、金魚や熱帯魚よりも、メダカの人気が過熱しているらしい
  • グッディ!は人気沸騰の理由を徹底取材!
  • さらに“最新品種”のメダカの姿を初公開した!

泳ぐ宝石”メダカブーム

今、各地の夏祭りにある変化が起きている。定番の金魚にかわり、「メダカすくい」を出店するところが増えているというのだ。

東京・中央区の銀座にある、観賞魚を扱うお店でも…

笠原翔さん(パウパウアクアガーデン銀座店):
金魚より、メダカの方が圧倒的に出てますね。売り上げが2倍以上にはなっています。お子さんと一緒に飼育をしてみたいというお客さんがたくさんいらっしゃいます。

なぜ今、メダカが人気なのだろうか?「直撃LIVEグッディ!」は、メダカに愛情を注ぐ男性、矢治徹さんを取材した!

矢治徹さん:
軒下でケースで飼ってるんですけど。

数えきれないほどのケースに、数百匹ものメダカが。3年前から飼い始めたという。メダカに魅了された理由とは?

矢治徹さん:
かっこいいし、キレイじゃないですか。色も形も大きさも違いますし。

一般的に川などにいるのは黒っぽい色のクロメダカだが、ケースの中をよく見ると、色とりどりで形も様々。

近年、メダカ同士を掛け合わせた品種改良が急速に進み、その数は550種類以上とも言われている。そのきらめきから、「泳ぐ宝石」とまで呼ばれているそうだ。中には、交配を重ねようやく1匹だけ生まれたという激レアの新品種も…。

矢治さん自慢のメダカ・ベスト3

名前は「琥珀透明麟 スモールアイ サムライ メダカ」。参考価格で、なんと100万円の値がついた。
矢治さん自身も20種類のメダカを飼い、つぎ込んできたお金はおよそ100万円!
「メダカは恋人」と話す矢治さんに、特に自慢のメダカ・ベスト3を教えてもらった。

3位は長いヒレが愛らしい「扇」。今、このタイプがメダカ業界のトレンドだ。中でもヒレにまで色がついているものは価値が高いそうで、値段はオスとメスのペアで参考価格1万円。

2位は黒と赤のコントラストが大人の雰囲気を漂わせる「兜」。参考価格はオスとメスのペアで4万円だ。

そして1位は「煌・三色ラメ体外光」。参考価格はオスとメスのペアで2万円。

矢治徹さん:
ラメといわれる、うろこの上に色がのるタイプの個体なんですけど。3色の個体をかけているので、3色の体にラメとか体外光が出るという狙いで作られているんです。見てるだけでもかわいいです。

今や、驚くほど個性豊かになったメダカたち。実際に品種改良を行う、埼玉県のブリーダー・清水昭紀さんを訪ねると…

最新品種のメダカ

飼育数は数千匹、50種類はいるという。

清水昭紀さん:
毎年新しいものを改良していきますので、数は年々増えていく一方ですね。みんな新しいもの、新しいものを欲しくなってきますから。

品種改良が盛んになったのはここ数年。次はどんな新しいメダカが生み出されるのか?という期待感も人々を魅了する要因の一つかもしれない。
さらに金魚店に話を聞くと、メダカは狭い水槽でも、ヒーターなどの設備がなくても育てられ、飼育が楽なことがメダカ人気に拍車をかけているそうだ。人気が過熱する中、次々と新種が生み出され、高い値がついているメダカ。グッディ!のスタジオでは、新種のメダカの姿を初公開した!

倉田大誠アナウンサー:
メダカブリーダーの清水さんに、新品種のメダカを紹介していただきました。

・ダルマメダカ…1匹500円~5万円(※参考価格)
⇒通常種の突然変異。腹部が膨らみ、全長が短い

・翁…オスとメスのペアで1万円(※参考価格)
⇒ヒレが長く、全長が銀色に輝いている

・碧刀彩…オスとメスのペアで5万円(※参考価格)
⇒黒い体、頭部が淡い緑色に輝く

倉田大誠アナウンサー:
そして、清水さんの下で生まれた最新の品種を初公開してくれました!

・2019年4月に誕生した品種…参考価格1匹5万円(※参考価格)
⇒ヒレが長く、赤い体にわずかな黒い模様が入る

倉田大誠アナウンサー:
我々が昔見ていたメダカとは、もう違いますよね。

軍地彩弓(編集者):
子供の時に川ですくってたのと全然違いますね~。

生稲晃子:
もう熱帯魚っていう感じですね。

高橋克実:
僕が子供の時は、川に入ってカジカとか捕まえようとしてるのに、邪魔くさいくらいメダカがいましたよ。メダカをすくうというか…手でよけてました(笑)。

カンニング竹山:
今はメダカ自体がいませんからね。ものすごくキレイな川じゃないとメダカが生きられなくて、メダカの数がものすごく減ったんですよね。だからこうやって掛け合わせて作っていったんでしょう。

安藤優子:
軍地さんの周りはメダカがブームなんだそうですね。

軍地彩弓(編集者):
ファッション業界は意外とメダカを飼ってる人が多くて、おしゃれな陶器のツボにいれていたりとか。熱帯魚じゃないからヒーター入れたり温かくしなくていいし、楽に飼えるんですよね。

宮澤智アナウンサー:
小さくてキラキラしてたりとか、かわいいと、本当にずっと見てられます。「メダカを愛でたい」という気持ちが出てくるのも分かります。

(「直撃LIVE グッディ!」8月14日放送分より)