災害時インフラ最新情報

石破茂氏生出演で語る 安倍政権以降「ものが言いにくいという人もいるんでしょうな」

カテゴリ:国内

  • 「Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP」に石破茂氏が生出演
  • 石破氏「有権者にどれだけ信頼されるかが一番大事なこと」
  • 安倍政権になってからものが言いにくくなった雰囲気というのは正直ある?

「Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP」には、自民党・石破茂元幹事長が生出演。
これからの自民党の行方、そして国会議員のあり方について語った。

宮根:
石破さん、一応自民・公明で改選過半数確保。ただ、改憲勢力の3分の2割れは濃厚という予測なんですが、今までの自民・公明の戦いはどういうふうにご覧になってますか。

石破氏:
自民対野党というよりも、候補者同士の戦いという。
私も全国随分回りましたけど、候補者同士の戦いというか、学校の試験でもそうなんですけど、前の晩に徹夜してもそんなにいい成績は取れないんですよ。6年間あるわけだから、6年間どれだけきちんと地元を回って、6年間どれだけ国会でちゃんと活動していたか。
それはどんな逆風が吹いても勝つ人は勝つし、どんなに追い風でも落ちる人は落ちる。選挙って、そういうもんです。

宮根:
ということは、党はあまり関係ないということですか?参議院の場合は。

石破氏:
関係ないとは言わないが、逆風でも勝てなければ意味がない。逆風で「党の評判が悪いから落ちました」というエクスキューズをやったらいかんですよ。

安倍政権になってから「ものが言いにくいという人もいるんでしょうな」

石破氏:
国会議員という立場を与えてもらっているのは有権者であって、官邸でもなければ党本部でもないわけで、有権者ひとりひとりに忠誠を誓えばいいんです。
誰を見て仕事をしているかという話であって、私も今度の選挙は久しぶりに何日間か地元へ帰ったんですね。原点というのは、ひとりひとりの有権者にどれだけ真剣に向き合うかであって、ポストをもらっても仕事をきちんとするためのポストであって、自分が大臣になりましたというためにやるわけじゃないんでね。

宮根:
安倍さんになってからものが言いにくくなった雰囲気というのは、正直あるんですか?

石破氏:
言いにくいという人もいるんでしょうな。

宮根:
でも、言える人もいるんでしょ?

石破氏:
私、結構言ってますけど。

古市憲寿:
石破さん、人望がないって噂されてるじゃないですか。その辺はご自身でどう分析しています?

石破氏:
どうなんだろうな。繰り返しになるけど、自分を議員にしてくれているのは有権者なんです。有権者にどれだけ信頼されるか、それが一番大事なことだと思います。主権者というのはそういうものですよ。

(「Live選挙サンデー」7月21日放送分より)

「参院選2019」特集をすべて見る!

7月21日の投開票日の夜は、【Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP(よる7時56分~)】
MCの宮根誠司・加藤綾子が、古市憲寿・石原良純ら手加減なしの痛快ゲスト陣と共に令和の主役たちの素顔や、私たちに身近な新時代の大問題を徹底取材。怒濤の開票速報を展開しながら、各党首や候補者に「今聞きたいこと」を本音生直撃する。プライムオンラインでも、開票や全国の候補の当落の最新情報をリアルタイムでお伝えする。