速報 来年の「桜を見る会」は中止 菅官房長官が発表
災害時インフラ最新情報

アフリカ系外国人が続々来店…一体なぜ? 相模原の小さな理髪店のスゴ技に密着

カテゴリ:国内

  • 神奈川の理髪店にアフリカ系外国人が殺到!客数は約2倍に
  • バリカンと刃を7回交換 クセの強い髪質をどうカットする?
  • 若者が髪型を真似した有名人とは…人気の背景に口コミ&SNS

県外からも!アフリカ系外国人客が続々来店

神奈川県相模原市にある理髪店、「髪ザウルス」相武台前店。

店内を覗いてみると、2人の外国人客がカットしてもらっていた。

その横にも、順番を待っている外国人の姿が。

さらに、また1人、1人と外国人客が来店していく。

今、この5席の小さな理髪店に、アフリカ系外国人が続々やって来ると話題なのだ。

――どちらの出身ですか?

アブさん(日本に来て10年・45歳):

マリ。西アフリカ

ゴッディ・エボさん(54歳):
両親はナイジェリア出身です

お店の人によると、他にもガーナやタンザニアなど、アフリカ系のお客さんが以前と比べて約2倍になったという。

髪ザウルス・松田京子社長:
大宮や山梨、千葉、横須賀のほうから来てる方もいらっしゃいます。うちとしても技術者が増えていったら、そういったお客様たちをもっと受け入れられるのかなと思います

人手が足りないほど客数が増えているということだが、なぜアフリカ系の外国人がこの店に集まるのか?

その理由は、確かな技術力と丁寧なサービスにあった。

“クセの強い髪質” をカットするため道具を駆使

アブさん(マリ出身・45歳):
ここはアフリカじゃない、誰でもできない。髪(質)違うから。日本人の髪と全然違う。同じやり方 アフリカと カット(の仕方が)…

アロンテ・ワシントンさん(シカゴ出身・23歳):
希望通りの髪型にするのがうまいんです。10点満点中、10点です

「髪ザウルス」を絶賛するアフリカ系の外国人客たち。他の店では、カットを断られることもあるという。
それは、彼らの髪が縮毛で硬く、生え方も複雑で、普通のハサミではとても難しいから。

母国を離れた生活での散髪は一大事。どうやらこの理髪店のカットの技術に、人気の秘密があるようだ。

そこで、来日4ヵ月で4回目の来店だというナイジェリア出身のジェマさん(27)をカットする様子に密着させてもらうことに。

ナイジェリア出身のジェマさん

まず始めに、理容師が手にしたのは櫛。髪をほぐすように梳かし始めた。

理容師:
見た目だと坊主みたいな感じですが、実際の髪は3~4cmくらいの長さがある。これをちゃんと梳かさないと、後で切れていないところがあるので…

こうした巻きの強い髪を切るには、この作業がとても重要なのだという。

理容師:
とりあえず1cmくらいです

続いて、バリカンでカットを開始。

次に白いバリカンを使い、さらに別のバリカンの刃を変える。実は、このバリカンこそに秘密があった。

店で使われているのは、アメリカのメーカーのバリカンで、0.1mmまで対応できるものもある。これらを駆使して長さを調整していく。

ーーいろんな角度から(バリカンを)入れるんですね?

理容師:

生えている方向がみんな違うので、それに合わせていろんな方向から入れないと切れないです。入れる方向によって切れる長さも違ってくるので、そういうのも調整しながら梳かしていきます

ジェマさんの髪を仕上げるまでにバリカンの刃や種類を変えた回数は、なんと7回!

理容師:
筆を使い分けているような、そんな感覚です。結構、頭皮に張り付いて生えているというか。日本人の毛は大体、浮いているみたいな感じで扱いやすいけれど…

さらに、額の生え際の部分にカミソリで真っすぐな線を作っていく。

理容師:
ここを揃えます。ピシッと、剃刀で。彼らが一番、気にするところですね

約1時間かけて完成。散髪前と比べ、キリっとした印象になった。

ジェマさん:
ラインがかなりいいよ!

その出来栄えにジェマさん本人もご満悦の様子だった。

若者は “あの有名人”を意識したスタイルを希望

外国人のお客さんの心を掴む技術と細やかなサービス。最近では、こんなお客さんも増えた。

父親がアメリカ人で、母親が日本人の両親を持つバズリー・ジャスティン・翔さん(18)は、今人気の“ある人”を意識したヘアスタイルにしようと来店したのだという。

バズリー・ジャスティン・翔さん:
横を剃ったりとか、さっぱりした感じのはいいと思いますね。なかなかうまく切ってくれる人がいないので、こういう所に来たいなってずっと思ってました。

その人物とは一体誰なのか? 彼がお願いした髪形がこちら!

サイドがスッキリしてさわやかな印象だが、どこかで見たことがある…そう!バスケットボールの最高峰NBAで活躍が期待される八村塁選手だ。

――今日の出来映えはどう?

バズリー・ジャスティン・翔さん:
完璧だと思います。やっぱり今話題の八村選手がずっと前から好きで、真似したいなと思ってました

アフリカ系の外国人客が集まる理髪店は、新しいスタイルを求め若い世代が集まる場所でもあった。

口コミ&SNSで評判が拡散

笠井信輔キャスター:
髪ザウルス 相武台前店がある神奈川県相模原市南区は、在日米軍基地「キャンプ座間」の近くです。2007年にキャンプ座間にいた技術スタッフが入社し、そのカット技術が評判になったといいます

山﨑夕貴キャスター:
外国人客が増加している背景として、口コミの影響が大きいようです。両親がナイジェリア出身のフランス人、ゴッディ・エボさん(54)は、数年前から通う常連客。日本のカット技術とサービスに感動し、20人以上の職場の仲間に口コミで広めたとか…

山﨑夕貴キャスター:
さらに、昨年来日し、友人の勧めで6月末に初めて来店したというアメリカ出身のアロンテ・ワシントンさん(26)は、利用後にSNSでお店を紹介したそうです。投稿だけでなく、約2週間で50人以上に薦めたと話してくれました

伊藤利尋キャスター:
多様な宗教に対応した食事なども広がってきていますから、こういったサービスもこれからもっと増えていくといいですね

(「とくダネ!」『NEWSヤマサキ調べました』7月9日放送分より)