災害時インフラ最新情報はこちら

明るい部屋で寝ると「太る」? 米国立研究所が気になる調査結果を発表

カテゴリ:国内

  • アメリカの国立衛生研究所が調査結果を発表
  • テレビや照明をつけっぱなしで寝ると体重増加割合が高くなった
  • 体内時計や食生活が乱れるからとの指摘も

照明をつけっぱなしだと体重が増加・・・

日ごろの家事や仕事の疲れから、ついついテレビはつけたまま。更に、部屋の電気もつけっぱなしで寝てしまうことはないだろうか。そんな女性は要注意だ。

アメリカの国立衛生研究所が発表した研究結果によると、寝室でテレビや照明をつけたまま寝ている女性と、真っ暗な状態で寝ている女性を比べた場合、つけたまま寝ている女性のほうが体重が5kg以上増える割合が17%高かったという。

体内時計や食生活が乱れる

明るい状態で寝るとなぜ太るのか。
詳しい因果関係はまだ分かっていないが、専門家によると…

奈良県立医科大学 疫学・予防医学講座 大林賢史准教授:
今回の研究チームも、夜間に人工の光に当たると睡眠を促すホルモン、メラトニンの分泌が抑えられる点に着目。そのことによって体内時計や食生活が乱れ、肥満につながる可能性があるとしています。

太りたくない人にとっては、まさに明と暗が実に気になる研究結果だった。

(「Live News it!」6月11日放送分より)