LIVE 『参院選2019各党に聞く 維新・松井一郎・代表 国民・古川・代表代行』【BSフジLIVEプライムニュース 配信中】

「この子はどうなるの?」障がい者が胡蝶蘭で親亡き後も自立できる社会を…

<SDGsのランナー>NPO法人Alon Alon 理事長・那部智史さん

  • 「この子はどうなるの?」障がいがある子を持つ多くの親が抱える不安
  • 自身の経験から知的障がい者が社会に出る準備ができる場所作りを始める
  • 目標は胡蝶蘭の栽培技術を持ち、それを評価する企業への就職

「私が亡くなった後、この子はどうなるんだろう?」

障がいのある子を持つ親の多くがこういった不安を抱えている。

そこで、自身も重度知的障がいがある息子を持つNPO法人Alon Alonの理事長である那部智史さんは、知的障がい者が胡蝶蘭を育てながら社会に出る準備ができる場所、「Alon Alonオーキッドガーデン」を千葉県富津市に作った。

那部さんは「私の息子は知的障がいを持って生まれてきました。最初、私は自分の息子を隠そう、隠そうとしていたんですね。ですが、40歳を機に、自分の息子が悪いんじゃなくて、受け入れられない社会が悪いということに気づいた」と語った。

「経済的に自立すること」

一般的な作業所では、知的障がい者のひと月の工賃は、平均1万5000円(就労継続支援B型事業所)で、時給に換算するとわずか193円にしかならない。

さらに、知的・精神障がい者は雇用されにくいという現実もある。

障がい者年金と合わせても、自立するには難しい金額だが、ここでは10万円の工賃をもらえるメンバーもいる。

胡蝶蘭は開花すると苗の10倍の値段になり、お祝いに贈られることが多く、値崩れしにくい。

「Alon Alonオーキッドガーデン」で働くメンバーたちは、「水やり」や「芽の摘み取り」、「茎の調整」とステップアップもでき、やる気や集中力も向上していく。

ここで働く女性は「水苔を入れ過ぎないようにフワッとさせる」と栽培のコツを嬉しそうに語った 。その姿を見た女性の母親は「お花(栽培)のプロになりたいって、目の色が変わってきて、イキイキしてきました」と笑顔を見せた。

那部さんは「親亡き後、幸せな人生を歩んでいくためには、経済的に自立すること、胡蝶蘭の栽培技術というものを持ってもらって、それを評価してもらえる企業に就職するのが目標」と明かした。

那部さんはこれからも、障がいがあっても豊かに暮らせる社会を目指していく。

NPO法人Alon Alon
https://www.alon-alon.org/

SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html