災害時インフラ最新情報はこちら

「ここにいてはダメ」江戸川区の水害ハザードマップが直球すぎて話題…担当者に聞いた

カテゴリ:暮らし

  • 「ここにいてはダメ」東京・江戸川区のハザードマップの文言が話題
  • 江戸川区は陸の7割が「ゼロメートル地帯」
  • 担当者「“思い”をこのフレーズに込めています」

江戸川区のハザードマップの“文言”に反響

東京・江戸川区の地図に「ここにいてはダメです」と書かれた表紙の冊子。

実はこれ、江戸川区が11年ぶりに改訂した「水害ハザードマップ」なのだ。
5月20日から区内全世帯に配布するとともにインターネットで公開されると、SNSなどでその“過激な言葉”に大きな反響があった。

出典(すべて):江戸川区

まずは、そのハザードマップの内容を見てみると、江戸川区には関東地方で降った雨の大半が集中するという。
江戸川区は荒川や江戸川など大河川の最下流に位置していて、陸の7割が満ち潮の海面よりも低い「ゼロメートル地帯」になっている。

このため、巨大台風や大雨が降って河川が氾濫したり、高潮が発生したり、排水が間に合わなくなると「区内のほとんどが水没」するとハザードマップに書かれている。
さらに被害は江戸川区にとどまらず、墨田区、江東区、足立区、葛飾区を含む江東5区で発生し、250万人が被災すると想定している。

そう言われても、「洪水が起きてもウチはマンションだから大丈夫」とか「〇階だから平気でしょ」と思っている人もいるだろうが、江戸川区で洪水が発生すると長いところでは2週間以上浸水が継続する可能性があるとしている。

そして、江東5区の250万人が被災すると、救助も混み合い、いつ自分の番になるか分からず、もしそんな状況に陥れば、電気・ガス・水道・トイレが使えないところで2週間生活なければならないと注意を促している。

さらに、ハザードマップには、ズバリ「あなたの住まいや区内に居続けることはできません」と書かれている。

こうした内容もさることながら、やはりTwitterユーザーに注目されたのは「ここにいてはダメです」という、お役所らしからぬ“過激な言葉”で、賛否両論が飛び出している。

【否定的な意見】
・江戸川区民ですがこれはひどい
・命が惜しければ余所へという宣言なのか
・まさか自分が住んでる区から「どっか行け」って言われるとは思わなくて笑っちゃった
・江戸川区内には居場所はないのんか?


【肯定的な意見】
・これぐらい言わないとみんな意識しないでしょ
・変な嘘や誤魔化しをせずに正確な説明をするのはいい
・ここに居を構えるなって言ってるわけじゃないですよ。避難情報が出たら区外に出てねってことですよ。


なぜ江戸川区はこんな表現を使ったのだろうか?
そして、区民からはどんな反響があったのか?区の担当者に聞いてみた。

「“思い”をこのフレーズに込めています」

――過激な言葉を使ったのはなぜ?

まず、このハザードマップを見て、正しい情報を理解して、広域避難について考え、そして自らの命を守る行動に結び付けていただきたい、という思いをこのフレーズに込めています。
そして、表紙だけでなく中を見て、江戸川区の地勢(地形の起伏)や、大水害が起こったらどうなるのか知って、広域避難について考えていただきたい。


――そもそも、なんでハザードマップを改訂したの?

平成27年に水防法が改正されたことからハザードマップを改訂しました。
前回2008年に作った江戸川区のハザードマップとの大きな違いは3つあります。

まず1つ目は「計画規模」から「最大規模」に変わったということです。
それまでは計画規模(洪水防御に関する計画の基本となる降雨)の洪水を元にしていましたが、想定し得る最大規模の洪水に変更しました。
2つ目は、高潮の浸水想定区域を取り入れました。
あともう一つの大きな変更点は、浸水の継続時間を追加したことです。

また冊子には、荒川の洪水と江戸川の洪水と高潮の洪水を合わせ、被害の最大値を表した大きな地図が付いています。


「垂直避難」でやり過ごすより、遠くへ避難してほしい

――「広域避難」ではなく、高い所に登って洪水をやり過ごす「垂直避難」はダメなのか?

「垂直避難」でやり過ごすという考え方は確かにありますが、ハザードマップにも書いてある通り、浸水が2週間続く可能性があります。
水害が起きるのは真夏の暑い時期になる可能性が高く、そんな中で電気・ガス・水道・トイレも使えない、過酷な生活を続けるのはとても大変です。
厳しい生活によって病気やケガをしたり、二次被害が起こる可能性もありますので、浸水のない安全なところに避難していただきたいです。

災害が予想される3日前になると、江東5区で共同検討を始めます。
2日前には自主的な広域避難を呼びかけます。
1日前には広域避難勧告を出します
そして9時間前になると、逆に広域避難をするのは危ないので、命を守る行動として緊急的に「垂直避難」をしてくださいと呼びかけます。
こういうことにならないよう早め早めの避難をお願いしています。


――葛飾区・墨田区・江東区・足立区も、ほとんどが水に浸かると書いているが、他の区から怒られない?

江戸川区のハザードマップを作成する前に、実は江東5区で去年8月に大規模水害ハザードマップを発表しています。
それをもとにして江戸川区のハザードマップを作っておりますので、他の区の方からそのようなご意見はいただいておりません。


――江戸川区が区外に確保している避難所はある?

現状においては公的な避難場所の確保はできていない状況です。


――今回のハザードマップについて、どんな反響がある?

様々な意見がございます。
「防災について自分でも考えなければいけない」ととらえていただいているご意見もありますし、先ほどの質問のような「区外の避難場所はなぜないのか」というご意見もいただいております。



避難を呼びかける“過激な言葉”に、SNS上では否定的な意見も見られたが、今のところ区にはそういった意見は寄せられていないという。

ちなみに、ハザードマップには、非常持ち出し袋に入れるものなどの情報や、連絡先・避難先など書いて使うページなど、災害時に役立つ内容が満載となっていて、江戸川区の全戸に配布しているほか、区役所や各事務所で配布しているそうだ。
災害時などに、自分は大丈夫と思ってしまう「正常性バイアス」が取りあげられることがあるが、こうしたハザードマップなどで、自分が住む地域の防災に対する意識や理解を深めておき、最悪のケースを想定して置くことは大事だ。