速報 韓国のチョ・グク法相が辞任を表明
災害時インフラ最新情報

改元またぎで臨時列車を運行します!東武鉄道・京王電鉄に“その瞬間”どうするのか聞いてみた

カテゴリ:国内

  • 東武鉄道はディーゼル機関車が“日またぎ”で朝まで走る
  • そのうち一両はレアな「ドリームカー」を使用
  • 京王電鉄は上手に乗れば夜の新宿駅にUターン可能

いよいよ今月末で「平成」が終わり、5月1日から新元号の「令和」が始まるが、改元の瞬間あなたはどこで何をしているだろう?

4月27日から5月6日は10連休となることから、旅先に行ったりカウントダウンイベントに参加したりする人も多いと思うが、鉄道ファンの中には「列車の中で改元を迎えたい」と考えている人もいるかもしれない。

そんな人のために様々な臨時列車が計画されていることをご存じだろうか。

まず、東武鉄道ではディーゼル機関車がけん引する「ありがとう平成・こんにちは令和号」を走らせる。

限定ヘッドマークを掲出したDL大樹(イメージ)

東武鉄道の「ありがとう平成・こんにちは令和号」をざっくり言うと、

・発車駅:4月30日23時55分、東武鉄道日光線「南栗橋」
・到着駅:5月1日5時、東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」
・座席数:160席(ドリームカーは48席)
・料金:(限定記念品、きぬ川ホテル三日月での入浴・朝食、車内での飲み物・軽食セット、SL運転台見学抽選券、カレーパイ無料券込み)
               一般客車 大人13,800円、小児12,800円(ドリームカーは大人17,800円、小児16,800円)

「ありがとう平成・こんにちは令和号」の特徴は、なんといっても昔懐かしいディーゼル機関車の「DL大樹」がけん引することだろう。
この「DL大樹」は、以前お伝えした蒸気機関車の「SL大樹」とともに、東武鬼怒川線で多くの鉄道ファンを魅了している車両の一つ。

出典:プレスリリース

そして、けん引する客車は昭和40~50年に製造された14系という車両で、そのうち一両は4月13日に客車としてデビューする予定の「ドリームカー」が使われる。

ここで「ドリームカー」と聞いてピンときたあなたは結構な鉄道ファンではないだろうか。
これは14系を改造してグレードアップさせた車両で、1988年から2016年まで、JR北海道の札幌~釧路間や札幌~青森間の夜間急行で使われていた。
普通車ながら、グリーン車に使われる6段階式リクライニングシートを備え、前の座席とのゆとりもグリーン車と同じで、車両の端には8脚の回転椅子と2台のテーブルを設置したラウンジがある。

JR北海道の夜間急行はその後廃止され、譲り受けた東武鉄道でも「ドリームカー」は今年24日しか登場しない予定だという。
ただでさえレアな車両が、かつての夜行列車さながらの深夜に走る機会は、ファンなら見逃せないだろう。

さらに東武鉄道では、SL大樹・DL大樹を応援してくれるファンへの感謝として4月30日・5月1日は、下今市駅のSL展示館と転車台広場を無料公開。
さらに5月1日は同駅で「SLファンフェスタ」を開催し、車両展示や機関車を収容する車庫の見学会などが催される。

まさにイベント盛りだくさんと言えるが、なぜ「ありがとう平成・こんにちは令和号」はSLではなく「DL大樹」なのか?改元のお祝いで、車内でお酒を飲んでもいいのか?
担当者に聞いてみた。

5時間かけてゆっくり走ります

――なぜ蒸気機関車じゃなくて「DL大樹」なの?

SLを走らせるには、地元の方々や国などの許可が必要になります。
当社が許可を得ている運行区間は、下今市~鬼怒川温泉です。
「ありがとう平成・こんにちは令和号」は、南栗橋から運行するので、SLではなく「DL大樹」ということになりました。


――普段「DL大樹」が走っている下今市~鬼怒川温泉は12.4kmなのに、なぜ南栗橋~鬼怒川温泉の約90kmも走ることになったの?

「ドリームカー」は、むかし夜行列車に使われていた車両ということもあり、今回は夜行列車を走らせることとなりました。
ただ夜行列車としては下今市からだと区間が短いので、南栗橋から走ることになりました。


――南栗橋~鬼怒川温泉は普通の電車だと2時間程度だが、なぜ5時間もかかるの?

ゆっくり走って、途中で停車して時間調節なども行います。
朝までゆったり楽しんでいただけるよう、長い時間を予定しております。
途中下車などは今のところ予定していません。


車内で改元のカウントダウン

――改元の瞬間はどうなるの?

車内の皆さんで改元のカウントダウンをする催しを予定しております。


――改元の瞬間はどこを走っている?

だいたいですが、南栗橋駅の次の「栗橋駅」を通過したあたりだと思います。


――改元のお祝いでお酒を飲んでいい?

車内でお飲み物・軽食を提供するとご案内していますが、これは販売ではなく、「ビール、ワンカップ、お茶、おつまみ」のセットを皆様にお渡しするということです。
もちろん、お酒は飲んでいただいて大丈夫です。

――チケットは4月4日から発売しているが残りはまだある?

大変なご好評をいただきまして、すべて売り切れとなっております。


京王ライナー 平成→令和号

東武鉄道の“改元列車”はすでに売り切れということだったが、まだ間に合うものもある。

京王電鉄では「令和」のヘッドマークを付けた「京王ライナー 平成→令和号」を運行する。

「京王ライナー 平成→令和号」をざっくり言うと、

・発車駅:4月30日23時45分 京王線「新宿駅」
・到着駅:5月1日0時24分 「京王八王子」
・座席数:438
・料金:乗車券+400円の「座席指定券」(新宿~京王八王子の大人料金は計760円になる)

こちらは臨時列車だが、毎日走っている有料座席指定列車「京王ライナー」京王八王子行きと同じ料金、同じ停車駅となる。
つまり改元を終えた後の府中駅からは、座席指定券がない普通のお客さんも乗ることができるという。

今回の「平成→令和号」に使われるのは、2017年9月にデビューした京王線の最新型車両「5000系」。

窓際に背を向けて座る「ロングシート」と、列車の前後を向いて座る「クロスシート」の切り替えが可能で、「平成→令和号」では「クロスシート」で運行する。
車内には、無料Wi-Fiや空気清浄機、1人1つ利用できる電源コンセントが設置され、車いす・ベビーカーのスペースも完備しているそうだ。
また乗車特典として、車内で係員が京王電鉄オリジナルトレーディングカードをプレゼントし、5月1日発売予定の「天皇陛下御即位記念乗車券」の先行販売も行われるという。

「京王ライナー」には橋本行きもあるが、今回なぜ八王子行きにしたのか? そして終点まで40分程度と短いが、戻りたい場合は新宿に帰ってこられるのか? 担当者に聞いてみた。

新宿に戻るなら府中駅でUターンしてください

――なぜ「平成→令和号」は京王八王子行きなの?

橋本よりも八王子の方が宿泊施設が多いということが挙げられます。
乗っていただいたお客様が八王子に着いたとき、周辺の宿泊施設が探しやすいため八王子方面になりました。


――京王八王子についたあと新宿に戻ることはできる?

できません。
京王八王子到着は最終の電車が出た後になります。
ただ「府中駅」到着の段階ですと、折り返しの上り電車で新宿に戻ることができます
それ以降ですとちょっと難しくなります。


――改元の瞬間はどうなる?

改元の瞬間は放送で車掌がご案内をさせていただく予定です。


――改元の瞬間はどこを走っている?

「この時間は確実にここを通る」とは申し上げられないので「調布駅」付近としか言えません。


――車内で改元を祝ってお酒を飲んでいい?

飲酒飲食は、一般の車両も含めて禁止しておりませんが、周りのお客様への配慮をお願いしています。
また、京王ライナーはトイレを設置していませんので、ご注意ください。
…とはいっても「新宿駅」を出て、改元があって、最初の「府中駅」に着くまで、だいたい18分ぐらいですが。



「平成→令和号」の乗車に必要な「座席指定券」は、会員登録が必要な「京王チケットレスサービス」だと、4月23日朝7時から発売される。

列車の中というのも特別感があるが、改元の瞬間をどこで迎えるか、今から考えておくのも楽しいかもしれない。

「ゆく時代くる時代」特集をすべて見る!