ハイライト掲載中

ハイライトムービー BSプライムニュース公式サイト

8月21日(水)
『世界経済に後退予兆か 米中は通貨安競争へ? 景気不安と消費税増税』


 景気後退の前兆とされる「逆イールド現象」が、アメリカの債券市場で起きた。
この現象は10年物国債の利回りが2年物の利回りを下回る異常現象で、リーマン・ショック前にも起きている。背景には、解決の糸口が見えない米中貿易摩擦に対する不安感の高まりがあると見られている。
 一方、日本は10月に消費増税を控え、世界経済の先行き不安による影響に警戒が必要だ。
 世界経済と日本経済の行方を展望し、日本が取るべき対応策を議論する。


ゲスト
木宮正史 東京大学大学院教授(冒頭)
鈴木馨祐 財務副大臣
小幡績 慶應義塾大学准教授
矢嶋康次 ニッセイ基礎研究所研究理事チーフエコノミスト

BSプライムニュースオフィシャルサイト